2020年6月10日 (水)

飲み物の思い出~~♪  4. 中一でコカ・コーラ

 

Photo_20200610092301

 

 


 その地域では有名な明治天皇が行幸した公園に遠足で行った、バスだったろうと思うが、全然記憶にない。そこで友達が、売店でコカ・コーラを発見して、飲むことになった。当時は県庁都市も東京もとても遠くて大した差異は無かったが、その友達は、そんなところへ行って、流布し始めたコカ・コーラを飲んだことが有るらしかった。
 多分、当時は瓶入りだけで、350mlで¥35だったように記憶する、持ち帰りは+瓶代¥10?ちゃんと冷蔵庫から取り出して、お店の人が布巾で拭いて栓を抜いて出してくれた。ちょっと薬臭いと思ったが、全体的には香りも良く、とても甘みが強くて、忌避反応は無かった。
 夕方帰ってから、家人に飲んだことを報告して、珍しがられた。

 

 

 

 

 

 

 

 



| | コメント (2)

2020年6月 1日 (月)

飲み物の思い出~~♪  3. ラムネ



Photo_20200601085501



 今は又、相対的に高価だが、スーパーでも売っている、誰が買うか、未だ見た事が無い。これは、つゆの後にはやって来た。玉を押し下げる栓抜きが有ったが、それを使わないで、指を突っ込んで、抜くのが粋だった、らしい。いつもそうしていた。何にも意味はないが、そんな事は世の中に溢れている。
 量は今と同じぐらいだったが、ガラス瓶で、¥10位だった。駄菓子屋で買って、その場で飲んだ、友達やお店の人と世間話をしながら飲んだ。
 当時、子供でも、帝国海軍の軍艦にはラムネ製造機械が積まれていた、らしい事を知っていた。炭酸ガスは兎も角、甘味が砂糖かサッカリンだったかは不明だが、そんなものは気にしなかった。まだ冷蔵庫が一般的ではなく、良くて水の張った桶に入っていて、偶にはそこに氷が浮いていて、少しは冷えていたことも有ったが、気温と大して変わらないことが多かった。栓を抜くと、少し泡が出て溢れるのだ、勿体ないから、なるべく溢さない様に、その時だけは、すぐ口を付けて飲んだが、勿論こぼれた、慣れると殆ど手につかない様になって、それほどベタベタにはならなかった。これも暫くしたら廃れた。


| | コメント (4)

2020年5月12日 (火)

飲み物の思い出~~♪  2. つゆ






Photo_20200512085801


 当時、今から半世紀以上前、1本¥5位で、「つゆ」と呼んでいた飲み物が有った。量は多分300ccぐらい。ビニールのチューブに入っていて、先端が細くて硬かったが、それを歯で適当な大きさに破って、10分とか時間をかけて楽しんだ。
 赤~黄色~緑、信号機のような色使い、別の桃色のようなものも有ったが、勿論合成着色料で甘味はサッカリン。これは一事発がん性が疑われたが、今は、カロリーがほぼ無いので、糖尿病とかの方の、食事に使われているとか、と聞いたことが有るが実際は知らない。
 小学校高学年の時に、麻疹に罹って、当時のやり方で、発疹期が峠を越して一人で家で寝て居た時、近所の商店~駄菓子屋に歩いて買いに行って23本買って来て飲んだ。熱が有ったので、美味しかった。今、麻疹は入院するのだろうけれど、当時は、先生が往診に来て、家で寝ていた、呑気な時代だった。それも家人が全員出払っていて、1人だったが、特段何も不自然な事では無かった気がする、勿論携帯が有ったわけでも無いので、緊急の時は、などと心配した訳でもない。
 中学生の頃には、まだあった気がするが、高校生ぐらいの時には、もうなかったようにも思うが、記憶ははっきりしない。






| | コメント (2)

2020年4月21日 (火)

飲み物の思い出~~♪  1. 水

 

 

 

  1. つゆ
  2. ラムネ
  3. 中一でコカ・コーラ
  4. 中三で日本酒
  5. 高一でファンタ
  6. 高二のコカ・コーラ
  7. 高二でコップ酒
  8. 高三で缶ビール
  9. 高三で焼酎
  10. パキスタンでウィスキー
  11. パキスタンでラッシー
  12. 中央アジアでコニャック
  13. ワイン
  14. 日本で各種リキュール
  15. タピオカミルクティー
  16. 酒談義

 








  1. Photo_20200421082201

 

子供の頃は、台所は今とは大分違っていて、博物館の横にある「古民家」風・・近所でも似たような物だったろうが、流しの横に、50100Lぐらいの水瓶やタイル張りのコンクリートの水槽が有って、その上に蛇口が付いていて、そこに今はあまり見かけない、境内の御水屋~手水舎に有るようなアルマイトの柄杓、そこのよりは少し大きく多分0.51Lぐらいのが置いてあって、それで水を飲んで居た。偶に水鉢の底にミミズがいて、ビックリという事も有ったが、それほど気にはしていなかったのは、今考えると、ちょっと不思議。気が向けば、栓を抜いて、ざっと洗って、底にたまった泥砂なども洗い出した。水道と言っても、概ねその程度だったのだろう。まだ冷蔵庫もそんなには普及してはいなかった。学校や外遊びから帰るとまず水を飲んだ。昔は漬物や佃煮が大抵戸棚に有ったが、そこから沢庵を出してきて、ボリボリ食べながら、可なり水を飲んだことあった。塩分と水分の補給という事で有ったろう。

今はJRの駅に水飲み場が殆ど無いと思うが、昔は必ずあったように思う、結構飲んだ記憶がある。最近近所の公園には水飲み水栓が幾つも更新・増設されたが、カラスが飲んで居たり、イヌ用の造作がして有ったり、時代は変わった。

 

 

今は、ペットボトルの水を飲んだり、近所の名水を汲みに行って飲んだりの人が多い様であるが・・2530年位前に、ペットボトル1.5L位の水を何本も買う人を見て、衝撃を受けた。最近は1本が当時の半分以下の値段だと思うので、良いのかなとも思うが、当時はコーラやその他の炭酸~清涼飲料水と値段は変わらなかった。勿論自分は水道水を飲んで居た。瓶入りの水を飲むぐらいなら、コーラを飲んだ方がマシ。

未だに普段はペットボトルの水を飲む事は無い、水道水を冷やして、飲む。

 

聞いた話だが、簡便な水道が有るところもあったらしいが、戦前は井戸水か湧水か近くの川の水、井戸が遠くの人は、水汲み、母なんかは、それが嫌だったらしい。

 

もうほとんど帰省する事は無いが、今だに郷里で、お茶やコーヒーなどを飲むと美味しいと感じる、これは郷愁ばかりではなく、水が、良いからだからと思う。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2020年2月 5日 (水)

縁側が無くなった国

 

何処のマンションも、ハイセキュリティを謳ってオートロックなどが導入されて、新聞や郵便もロビーの一画に有る郵便受けで、外の人とは全く接触の機会はなく、住人同士も話すことはない。持ち回りとはいえ理事会も機能はしない。

 

 

戸建ても警備会社の監視装置が設備されている。敷地は厳重に塀が張り巡らされている。

 

 

全て不信の世界で生きていて、自分の殻に籠もって、他人と関わることを拒否している。対面販売は全く廃れ、全く口をきかなくても、お金が有れば、無くてもクレジットカードや○○ペイが有れば(笑い)不自由なく買い物が出来て、食券の販売機で食事も出来る。全く心は病んで、攻撃性が増している。

レジに並ぶ時は、後ろの大抵はオジイサンに、カートで背中をド突かれないように気を付けている、レジのキレイなオバアサンは見えるらしいが、俺のようなビンボ〇ナオジイサンは、見えないらしい~~♪

 

暫く前にちょっと用事があり、帰省した。

家に着いたらテレビの音がしたので、勝手に上がって、そのテレビを見ながら、何時もある、お茶を飲んで、ゆっくりしていたが、暫くしたら、家人が買い物から帰った。

 

Photo_20200203110401

 

 

翌日、十数キロ離れた親類宅にお邪魔した。日中、家族は出払っているが、何十年も鍵を掛けたことはないらしい。

 

2  

 

 

農家の庭先で縁側に坐ってお茶をご馳走になって、そこの猫や犬も顔見知りで、特段の用事もなく暫く雑談して帰るって普通のことだった。

 

 

 

 

戻りに帰京のバスが有る町の市民市場で郷土の食品を買った。物が新鮮で安く、店番はみんなニコヤカで親切だった。ちょっと長ったらしい物を買ったら、折れないように曲げてラップして、リュックに入るようにしてくれた。

 

そんな故郷を出て幾星霜(笑い)、滅多に帰らないが、死んだら、田舎の墓所に入れてもらう許可だけは貰って有る。楽しみだ~~♪

 

| | コメント (8)

2019年12月17日 (火)

AED~誰の善意~陰謀~~♪

 

 

Aed

 

 

AEDEDは長い間、関係語かと思っていた~~♪

 

この十年で、街中にとても増えた。自分が住んで居る集合住宅の玄関にもある。その前は、町中消火器だらけだと思っていたが、今はAEDだらけ。高い所に有るからあまり気に成らないけれど、防犯カメラだらけでもある、誰かが保守しているのだろう、お疲れ様~~♪

 

あんまり使わないから、みんな空っぽでも何の影響もないかも知れないが、当然族議員が献金たっぷり貰ったんだろうけれど、「越後屋~悪代官」~~♪

 

 

不意の事故で、青少年や盛年の人が助かる機会が増えたと言う事であろうからおめでたい事だろうと思う。少し心配なのは、今色んな意味で内向きになっているので、使わないで責任回避も有りそう、ただ、救急車を待っているという事も多いだろう、実際暫く前に、小学校の校庭で、運動中の子供が、倒れて、AEDが有ったけれど、救急車が来るまで誰も何もしなくて、結局亡くなったという不幸な事もあったが、両親は無念であっただろうけれど、そんな事で経験して少しずつ馴染んで行くのだろう~~♪

 

 

自分は、もう良い加減、良い年だし、実際生年時予想平均余命は越えた、その後想像以上に医療や食物環境、社会状況などが変化して、余命も延びたのだろうけれど、誰も生年基準で余命計算をしてくれない、という事で、その時に成ったら、それに従おうと思っているのだが、その時は勿論口が利けない可能性もあるから、外出時はいつも下着としてのオリジナルT-シャツを着て歩いて、自分にとっての好ましからざる延命の危険を避けようと思っている。T-シャツには、白地に赤字で大きく・・・

 

胸に、『AED・人工呼吸お断り』

背中に『皆様、さようなら、お世話に成りました』

 

一応、念のために申し上げておきますが・・最大限の延命処置を望むのは、ご本人と関係者のご希望なら宜しいかと思います。

単にズッコケて、足を挫いただけなら、直ぐ通常の処置をお願い申し上げます~~♪

 

よく知ってる方で、今までお二人が、寝ている間に、亡くなった。後で、考えればやや疲れた感じだったとは仰っていったが・・ま、いつも通り寝て、それっきり。

夜、寝る時に、次の朝、目が覚めないとしても、そりゃ仕方が無い、せめて、やや愉快な夢を見てから死にたいものだと、贅沢な希望を持って床に就いている~~♪

 

友人で、普段からとても質素な感じはしていたが、数年前に殆ど断捨離をして、身軽に生きている風に見える方が居るけれど、自分は未だそこまで達観していないが、少しずつ、身辺整理をしたいものだ~~♪

 

Aed2

 

 

| | コメント (6)

2019年11月13日 (水)

刺激の限界値~~♪




 

コンラート・ロレンツ「攻撃」:或る本能的な行動様式を、かなりの期間に渡って停止しておくと、この場合は求愛行為だが、その本能的な行動様式を引き起こす刺激の限界値が下がる。

 

Photo_20191113080301

 

大雑把に言えば、長い間、恋愛状態から遠ざかると、異性なら誰でも良くなる・・という現象が発生して、どんな美人も、イケメンの金持ちも、諸般の事情で、恋愛して結婚に至らないと、要求仕様が下がって来て、或る意味相応しい人と妥協で結婚するという、言うのが動物物的本能のなせる業の様だが、近年はその本能が壊れて、壊れた理由は、成長時代に、学習不足で自然の感情が発達しない、非常に意図的な生活環境で、本能が解発される臨界期を過ぎてしまったという事などの様だ、その結果は・・・

 

Photo_20191113080401  

 

もう恋愛婚姻の対象としては、勿論当人が、限界を超えて、価値無しに成っているにも拘らず、良家の子女で、花嫁~花婿修行しかしてこなかったのに、詰まり時間が止まって、物理的時間だけ経過して、成長は勿論止まって、劣化しているにも拘らず、価値が変わっていないと思い込んでいる。典型的な状況は、妊娠が困難な年齢の「美魔女」だったり、社会性のない自称お金持ちの「ボンボン」だったり・・

 

限界値が下がらないまま、勿論ご当人の価値は、凄く下がっているのだが、その自覚なく~~♪


Photo_20191113080901

 

後、生物学的じゃないが、如何しようも無いのが、一度も遣ったことが無いのに、「遣れば他人より上手くできる」と思い込んで居る、万年野党政治家~学者などと言う、人々、でもまあ、これも生物多様性~~♪

 

世の中には、色んな方が居るが、他人への評価は、自分が思う1.5倍ぐらいで、自分へは0.5倍ぐらいで、やっと釣り合う~~♪

 

| | コメント (6)

2019年8月 8日 (木)

母子の養育権利:チンパン人、猫、ヒト~~♪

 

Photo_20190808085401

 

20世紀には、アメリカで、チンパン人の子供を母親から引き離して、ヒトの家庭で育てて、一緒にいるヒトの子供と比べて、心の発達を調べていた、100年遣って、それなりの成果を見たが・・ヒトの子供はヒトの世界で親に育てられて、チンパン人は違う世界で親から引き離されて、一人ぼっちで、他の動物と一緒に育てられて、実験の道具って、アンフェア。

アフリカのチンパン人はアフリカ人に育てられて居た訳じゃない~~♪

 

日本の研究者は、飼育下のチンパン人も母親に育てられる権利が有り、母親も子供を養育する権利が有ると言うことで、今は研究その他の目的で飼育下にあるチンパン人も、基本的には群の中の母親に育てられている。権利の回復に100年掛かった~~♪

 

Photo_20190808085402

 

家猫は最近、人でも、そうらしいが、かなりが手術をされて、♂でも♀でもないのが増えているらしい。田舎のヒトの爺婆の古い農家で飼われている自由猫は、本能の命ずるままに、猫の習性で(笑い)毎回おとっつぁんが違うけれど、そんなおとっつぁんとか関係なく、お母さんは全身全霊を込めて、子どもたちに養育する権利を行使し、中には同腹で父親が違う子どもたちも混じっていることが有るが、実母から養育される権利を行使している、そうして、数か月すれば習性で大抵は親離れして自立する~~♪

 

Photo_20190808085403

 

今、日本のヒトの社会では待機児童、というのか幼児というのかが、増えているらしい。子供の出生率は下がっているのだが、色々事情が有るのだろう。そちらの事情の方が深刻の様な気がするが、それは深刻だからか、うっちゃらかして置いて、保育園を沢山作って、希望者全員を収容しろと言うことになっているらしい、ついでに無料にしろとか、24時間可能にしろとか~~♪

 

生まれて数ヶ月から数年しか経っていない子供は、暫く前までは、母親べったりで、その間に、父を始め叔父叔母や兄姉、爺婆が世話を焼いたらしい、ついでに近所の皆さん。

 

今は赤の他人が保育所という名前のようだが、お金を貰って養育している。母親が子供を養育する権利と母親に子供が養育される権利は何処へいっちまったんだ~~♪

中には母親の時給と保育所の時間支払いの引き算で、子供を養育する権利を赤の他人に売り払って、コミュニティからも切り離して、服とか買ったり、インスタ映えのものを食べたりする大馬○者もいるらしい、好きにしろ~~♪

 

貧困その他の事情で、必要な養育が行われていない事も、多そうだが、余り根が深く地味なので、予算、人員が膨大でそんな事に取り組んで居たら、首長も議員も次の選挙で落ちるので、詰まりそういう人は選挙に行かないので、最も投票率の高い層にだけ興味を示す政策が多いというのが、実は最大の原因かもしれない~~♪

子供は将来の家族~社会~国家の幸福や安全安寧の元だが、可成りは切り捨てられているようだ。

 

きっと、3040年後に第1回目の因果は巡るだろう。

 

出来るのに、他人任せにした人は、老後家族から離れて、赤の他人と海や山が見える風光明媚な、もしくは高い塀の有る所で暮らす、詰まり、そこで静かに死を待つ、それはそれで良いかも知れない~~♪

 

これとは別で、もっと深刻だが、その家庭の親から見れば、子供だが、引き籠っているのが結構多いらしい。それも「子供」の年齢が20前後位なら兎も角、50突破~~♪

これは養育の継続~放棄???

保育園と違って、見えないから、行政も勿論知らんぷり~~♪

| | コメント (6)

2019年7月15日 (月)

寮に洗濯板が有った頃~~♪







Photo_20190714212601


今の人には説明するのも大変だが・・・洗面所と洗濯場が一緒で、長いコンクリートの56m位の長い流しに仕切りは無く水栓が67個付いたものが向かい合っていて、2列だったかなぁ。

今だったら、刑務所に入った事はないが、そこだけ見れば多分それ以下~~♪

 

隅っこに洗濯機が有ったけれど、いつも混んでいたし、大量に水は使うし、大きな盥と洗濯板はたくさん有ったので、それで洗濯をしていた。

屋根の有る干場が有って、そこに吊るして干した。

 

夏は良いが、良くもないか、冬は水が冷たい。なれると結構平気で出来たけれど、偶に、うっちゃらかして、そのままにしておくと、うっすらと氷が張っていることも有った~~♪

 

ご飯も沢山食べられたし、倹約すれば、偶には欲しいものも買えたし。特に不満もなかった、今思い出せば、呑気な時代だった気がする。

 






| | コメント (4)

2019年5月28日 (火)

アルミのチロリ~~♪




Photo_7

 

 

 

ずっと昔、未だ夢が有った頃、山手線から延びた私鉄沿線に住んで居た。畑が多かった村が、ダラダラと街になって、未だ再開発とか、道路拡張とかされていない、高い建物は駅前のスーパーだけ。木造モルタルの二階建てのアパートが多かった。

 

そんな北西向きの4.5畳+押し入れ、玄関、流しで6畳分の部屋、トイレ共同。当時は、勿論銭湯に通っていたが、その途中の車は原則通行禁止の小路に、間口1間半ぐらいで奥行き56間ぐらいの小さな縄のれんがあって、偶に行っていた。カウンターと二人が向かい合わせに座れるテーブルが3つぐらいあった。

 

Photo_4

 

地味で無口な店主が、白い調理帽をかぶり白い上着を着て、一人で切り盛りして居て、いつも比較的混んで居た。大抵は、焼き鳥23本、キャベツなどの漬物、煮込み、お酒2杯ぐらい、で1000円ちょっとだったように記憶する。当時、街の食堂でかつ丼は¥300位だった気がする。

 

Photo_8

 

 

お酒は、日本酒が多かった、ビールは高かった。お酒は、燗でも冷でも、厚めのコップで、皿の上に載っていた、必ず少しこぼれるように注いでくれた。

 

 

 

 

 

30年位前に1回、そこら辺りを通った事が有ったが、その小路は、日中と言う事も有ったが余り活気が無かった。今度気候が良く成ったら、又行ってみよう、もうそのころの夢も、ハッキリ覚えていないし、何だがどうでも良くなったけれど。

 

 

 

 

| | コメント (6)

«麺類の思い出、幾つか~~♪ 5.その他、直ぐ頭に浮かぶ麺関係幾つか・・7