« メガネ | トップページ | 未視感 »

2006年9月14日 (木)

近所の草

土地を借りてしている小さな農園にご近所が何軒か有る。そこの庭の草を見るだけで、そこの住人のことが幾つか想像される。

隣人として仲良くお付き合いしている人の庭は、いつも草が刈られていて、庭全体がすっきりしている。草花は季節ごとに次々に咲いて、いつも華やかだ。彼は体の調子が昔ほど良くないので、以前ほど熱心に世話をする事が出来ない。水遣りの回数も減ってしまった。木の剪定は2,3年前から自分が手伝う様になった。芝刈りも気が向いたときは、自分が手伝っている。いつも心の籠もった感謝の言葉がある。

雑草が伸びてくると、とても気になっているようだ。庭は彼の楽しみでもあるし、訪ねてきた友達や道路を歩いている人が見て、ガッカリしないように綺麗にしていたいようだ。

家の前の道路を以前は頻繁に掃いていたが、今は、その又隣人が、彼のためについでの時に掃いている。もう年配なので近所の人が何かと手伝うことが多い。顔が合えば垣根越しで話をしたり、お茶に呼ばれて、雑談をしたりする。昔の事や昨今のニュースの事、近所の様子、友達の事など話してくれて楽しい。

高いブロック塀で囲まれた家が有る。そこの奥さんと2,3度道路で挨拶をした事がある。元気な人で、傍でお話をしたが、そこら中に響き渡るような声であった。その時はその後自転車で何処かに出掛けた。

そこのお宅の庭には大きな牛と羊の置物が有る。道路側を見ている。駐車場はオオバコが生い茂り、玄関に通じる道は、歩くところだけ狭い幅で露出していて、後はクローバーが膝の高さぐらいまでビッシリと生えている。残りの大部分はススキが生い茂り、花が咲いて、草原の様だ。そこにいる牛と羊は、残念ながら草は喰わないらしく、草に埋もれて今頃は殆ど姿が見えない。ブロック塀の道路側にも所々にススキが生えている。全く気にして居る様子は無い。

アルミフェンスで囲まれたお宅が有る。別荘だ。良く庭でBBQをしている。通りすがって、挨拶しても軽く会釈をするばかりで、話したことが無い。居れば熱心に芝刈り機で庭の中の草を刈って綺麗にしている。隅には刈った草が放置されている。庭の一部は畑になっている。植えている物は、サツマイモ、ジャガイモ、カボチャなど、長い間放置してもそれなりに収穫できる物を選んでいるようだ。庭の道路側の縁石にはビッシリ背の高い草が生えている。刈ったのを見たことが無い。

自分の小さな農園は、自分の楽しみで、気晴らしなのだから、自分勝手にしているが、道路の縁石の草抜きと、道路の清掃は、社会通念程度にはしておいた方が良いだろう。それでもご近所や道路を歩いている人は色々想像するだろうけれど。お互い様。

|

« メガネ | トップページ | 未視感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近所の草:

« メガネ | トップページ | 未視感 »