« ゴミを拾う人 | トップページ | 虫の音 »

2006年10月 2日 (月)

階段に座っていた人

数日前に駅の階段の最上段より少し下がったところで手すりに手を置いて階段に座っている人がいた。

普段自分は階段を利用している。エスカレーターがあっても、人に押されて止む得ない場合を除いては、エスカレーターを利用することは無い。その人が座っていた階段は幅が広い。駅前のバス停に通じている。端に登りのエスカレーターが有る。

自分はバスから降りて階段の下に着いた。いつものように空いていたら二段ずつ昇ろうと思って、見上げたらその人は俯き加減にそこに座っていた。ゆっくり一段ずつ昇って行き、その人に近づいて行った。

「どうかしましたか」

「・・・」

「大丈夫ですか」

「ええ、大丈夫です」

「お大事に」

その人は70代の初めだろう。出掛けた帰りと言う感じだった。特段不調と言うこともなさそうだったので、自分は何もしないでそのまま帰ったが、もう少し別の声のかけ方が有ったかも知れない。

「下まで一緒に行きましょうか」

「荷物を持ちましょうか」

駅のエスカレーターの良い設置方法と運用は専門家にお願いするとして、自分としては、ちょっと困っている人に、もう少し優しく声をかけてやることが出来るように成りたいと思っている。柄にも無いけれど。

|

« ゴミを拾う人 | トップページ | 虫の音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/3670174

この記事へのトラックバック一覧です: 階段に座っていた人:

« ゴミを拾う人 | トップページ | 虫の音 »