« カボチャかジャガイモ | トップページ | お婆さんの失意 »

2006年11月12日 (日)

エビの尻尾

エビの尻尾ってフライでもテンプラでも寿司でも必ず付いている。食べない人が多いように見えるから、取って供すれば良いような物だけれど、長い時間掛かって出来た1つの形なのだろう。あれで見慣れたから、食べない人が多いからと言って急になくしたら間抜けに見えるだろうなあ。

自分はエビフライの尻尾を食べる。エビ天丼という物は滅多に食べたことは無いが、この尻尾も食べる。カリカリして自分は好きだ。子供の時に大きなエビは食べた事が無いかも知れない。食べたというハッキリした記憶はない。小さなヌマエビはよく食べていた。かき揚げや蒸しエビ。塩辛は余り食べなかった。あれは大人の味である。自分が育った田舎ではよく捕れていた。

長じてエビフライとかエビ天を食べるようになった初めの頃は、周りに倣って尻尾は食べなかった。いつから食べるように成ったかは記憶がない。小さなエビフライを食べたときに、尻尾を考えもしないで食べて、より大きなエビフライの時にも食べるようになったのだろう。蕎麦屋で見ているとエビ天の尻尾を食べない人が多い気がする。お店の人に食べる人と残す人の割合を聞いてみたい気がする。残念ながら知り合いに天麩羅屋さんも蕎麦屋さんも居ない。もし居ても日常的に付き合っている余程親しい人じゃないと聞ける物でもないけれど。

居酒屋で小エビの空揚げも好きで有れば大抵食べる。価格も安いし。勿論全体を食べる。一回だけ、近くに座ったグループが手長エビの唐揚げを頼んで、あの長い手をむしりとって食べているのを見たことが有る。長くて食べづらいので口の中が傷つかないように分割して食べているのかと思って、さり気なく見ていたら、結局長い手は食べなかった。そのグループの中には大きな物は、頭もむしって食べない人も居た。食べ方は上品なのかも知れないが、皿は汚かった。

自分は回転寿司が好きだ。1月に1回か2回行く。ちょっと贅沢。今は昔に比べて美味しい気がする。昔は今より贅沢な気分だった。

回転寿司はネタの種類が多く、未だ食べた事が無いネタも多い。1回に1つぐらいは新しいものを食べて見ようと思っている。その内一人で行って、普段これは食べられないなあ、と思っているネタを逐次食べてみようかなあ。それでもこのネタに達するのは何時の日かと思うネタも未だ数多い。

自分が不気味だと思う物には中々手が出ない。食べたことが無い物にも中々手が出ない。口の中に入れた途端に、今風に言えばキモい事になりそうで、実際は単なる食わず嫌いだろうけれど。

また1つ別の計画もある。一人で行って普段これは食べられないなあ、と思っている物だけを食べる。ストレスが昂進して、味には関係なく、不調になるかも知れんなあ。人は心の動物だからなあ。

昔寿司のエビには余り手が出なかったが、今は時々食べる、同じ値段だからより贅沢と言うことは無いのだけれど。それでもその尻尾は未だ食べないなあ。エビフライの尻尾を食べて、エビ天の尻尾を食べて、寿司のエビの尻尾は未だ食べていない。2~3種類のエビが出てくるから、食べやすそうなものを選んでその尻尾も食べてみようっと。

|

« カボチャかジャガイモ | トップページ | お婆さんの失意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/4164766

この記事へのトラックバック一覧です: エビの尻尾:

« カボチャかジャガイモ | トップページ | お婆さんの失意 »