« ゴンズイオヤジ | トップページ | 銀杏戦争 »

2006年12月 9日 (土)

100円ショップ

今日冷たい雨の中、100円ショップに出掛けた。

外は寒いという事なので、トレーナーの上下に上下揃いになっているポリエステルの防寒着を着た。その上からフェザーのベストを着た。小雨で足下が悪いので、釣り用の長靴を履いた。頭には2~3年前に買った毛糸の様なポリエステルの帽子。手には裏地の付いた革手袋。傘を被って準備万端。外へ出ても全然寒くなかった。歩いて5分ぐらいすると熱くなってきた。ベストのボタンを外した。少し風を入れながらゆっくり歩いた。

スーパーの上の階に有る100円ショップは、余り混んでいなかった。甲高い声のお母さんが、可愛いを連発しながら、小学校低学年の娘と装飾用材料を買っていた。

少し遅れてこれまた甲高い声のお父さんが、小学校低学年の息子を二人連れて、これまた装飾用材料を買いに来た。息子達は、只逡巡するばかりなのに、お父さんは商品の説明やら使い方などを盛んに言っていた。

どちらの親子もクリスマスか誕生会の装飾をするような雰囲気だったが、子供を出しにして親が主導している風であった。

自分はと言えば、買いもしないのにゆっくりと店内を見て回っていた。新しい発見は出来なかった。暑い。確かに自分は少し厚着だが、暖房の温度が高すぎる気がする。きっと色々あって、薄着の従業員が丁度良いように温度設定をしているのだろう。

目的の両面テープを見つけてから、食品のコーナーに行くと、代わった飲み物が有ったので、試してみるつもりになった。買い物籠を取り、それらを無造作に籠に入れた。レジに並んだ。直ぐ自分の番が来た。

「この買い物籠は315円です」

顔が赤くなった。体は益々熱くなった。平静を装ってレジを済ませた。スタコラ歩いてエスカレーターを乗り継ぎ外に出た。

ああ何と気持ちの良い冷たい風。ゆっくり歩いて体を冷やしながら、来た道を戻った。

|

« ゴンズイオヤジ | トップページ | 銀杏戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/4484644

この記事へのトラックバック一覧です: 100円ショップ:

« ゴンズイオヤジ | トップページ | 銀杏戦争 »