« カリンの食べ方 | トップページ | 回転寿司の食べ方 »

2006年12月17日 (日)

エビフライの食べ方

忘れた頃に家でエビフライを食べる。エビは言わずと知れたブラックタイガー。これは本当に美味しいエビと思う。エビ嫌いの自分でも2~3匹なら美味しいと思って食べる。嫌いと言っても、本人が嫌いと言うより財布が嫌いと言った方が良いかも知れない。これは冗談。標準和名はウシエビと言うらしい。同種が日本に生息しているから、あやかり名を付けられなくて、苦し紛れに現地語の直訳でブラックタイガーになっちまったのだろうか、プロレスラーのような勇ましい名前。

大部分は東南アジアの養殖ものだろうから、ちょっとレトロっぽく南洋車海老、若しくはミナミクルマエビ位にしておけば、もっと高く売れて、値崩れも起きなかったかも知れない。調べると実際クルマエビ科、クルマエビ属。そうすれば養殖場で働いて居る人ももう少し生活が良くなり、エビを食べる機会も増えただろうに。

買ってきたエビを見ると、頭がない。現地で毟り取られているのだろう。頭が有れば空揚げにして塩を振って食べるのだが、残念なことだ。取られた頭はどう言う運命に遭っているのだろうか。良くて動物の餌用加工原料、悪くて工場裏の埋め立てゴミ。頭を残して身だけ異国に来て我々に食べられる。

一頃『有頭エビ』と言う名で売られていたことも有る様にも記憶する、全く変な名前だが。煮込みの料理に使うなら、頭が有った方が、料理の味が良くなり好きである。赤っぽい油が浮いてきて、いかにもエビを使っています、の様な感じで良い。トムヤムクンを作るときや、パエリヤを作るときは、頭がないと味も今一だし、料理としても形がしっくりしない。お祝いの席の鯛が、切り身の様な物だ。

先日友人と待ち合わせてファミレスに行った。本人の希望も有り大体中間地点に有る洋食系の店。3人はそれぞれセットを頼んだ。内一人はエビフライの入ったフライ盛り合わせ。それにスープバーとサラダバーを付けた。ちょっと贅沢な気分。

3人はそれぞれ何回もスープやサラダをお代わりに立った。久しぶりで話が弾んだ。食事も進んだ。全て食べた後、コーヒーを飲んだ。

バーに行く途中に4人の親子が先ほどから、食事をしていた。4人ともそれぞれエビフライセットを食べている。暫くして席を立って帰った。ご飯はそれぞれ半分ぐらい残っていた。付け合わせもたくさん残っていた。エビフライは食べていないのではないかと思うほど、衣が残っていた。新しいエビフライの食べ方。

|

« カリンの食べ方 | トップページ | 回転寿司の食べ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エビフライの食べ方:

« カリンの食べ方 | トップページ | 回転寿司の食べ方 »