« 今年貰った物、加工品編 | トップページ | 筍と菊の花 »

2006年12月 4日 (月)

今年貰った物、形のないもの編

1.       上の階からから水漏れ:1回、自分は水難の相ありだろうなあ。今まで通算だと20回は軽く越えている。今の場所でもジャジャ漏れがあり、照明と内装が駄目になって、遣り替えて貰った。前に住んでいたところでも、まあよく水漏れが有った。二人とも原因は自分ではなく機材の方と言い張るし、直ぐ引越すると言うし、似ている。二人が上下階に住んで同時に水漏れが有ったら、どんな事態に成るのか。

2.       お説教:度々、する方としては愚昧で怠惰なる者どもを自分が導かなければ、誰がする、位の気持ちだろうけれど、毎度軸が振れる話を感情を高ぶらせながらお話し頂いても、学習的無気力が助長されるばかりで、返事も鈍り勝ちになります。この間、夜遅く電車に乗っていたら、隣の人にしきりに話しかけている人がいた。相当酔った人が、彼よりは少し若い感じの人に、仕事のやり方を教え諭している風だった。難しい仕事で遅くなり疲れ切っている所だろうに、自分だったら次の駅で降りて、別の車両に行くかも知れない。でも後2~3駅なら、それまで黙って居るかも知れない。仕事は楽しく、酒はもっと楽しく。

3.       ピアノの『曲』:夕方聞こえて来るのはまあお互い様。平日の午前中連日というのは、何か問題が進行中の様で心が騒ぐ。今はよい機材があり、ヘッドホーンをして聞きながら弾けて他人には聞こえない様に出来るらしい。ピアノが大邸宅の独占物だとは思わないが、集合住宅ではそれなりに考えた方がよい。ショパンのように弾けとは要求しないけれど、他人の家からその『曲』が自分の家に聞こえてきたときのことをちょっぴりは考えた方が良いと思う。ピアノを本人と他人の両方の責め道具にしちゃいけないと思う。

4.       元気:友達とBBQをした。赤ちゃんを連れてきた若い友人がいた。赤ちゃんは可愛い。他人の赤ちゃんでも可愛い。話が弾む。若い人と話すのは好きだ。彼らもちゃんと年金が貰えように、戻りに神社にお参りをした。賽銭を100円も入れた。大分昔自分はそんなに親しくない誰かの家に誘われてゾロゾロと行ったことが有る。そこで彼らの披露宴の写真や赤ちゃんの写真を延々と見せられて、閉口したことが有る。10枚は良いけれど、500枚は止めましょう。誉め言葉も質問もそんなには有りません。

5.       憂鬱:たっぷり、話すのも憂鬱。

6.       天の恵み:去年より少し足りないくらい。相手が天だから不満を言ってもしょうがないけれど。

7.       愛情の籠もった笑顔:数知れず、と言いたいね。夜のお菓子ならぬ、夜の笑顔。ちょっと怪しい雰囲気が有って良いね。愛情の籠もった笑顔で人に接することにしました。

8.       友達からの連絡:借金の申し込みではなく、釣りの誘い。東京湾の魚が俺を待っている、外房の魚も俺を待っている、相模湾の魚も俺を待っている。

9.       会社の倒産:さっぱりしたけれど、貰った物じゃないか?

|

« 今年貰った物、加工品編 | トップページ | 筍と菊の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/4429618

この記事へのトラックバック一覧です: 今年貰った物、形のないもの編:

« 今年貰った物、加工品編 | トップページ | 筍と菊の花 »