« 今年貰った物、海産物編 | トップページ | 今年貰った物、形のないもの編 »

2006年12月 3日 (日)

今年貰った物、加工品編

1.       アンパン:2回、買ってもよく食べる。漉し餡、粒餡、白餡、どれも好きだ。日本人の大発明の1つだと思っている。今風に言えば、和洋のコラボ。熱い牛乳とアンパン、好きな朝食の1つだ。ずっと昔、会社で残業の時に出たアンパンを持ち帰り、駅で寝ている自由人にあげたことが何回か有る。自分は未だ駅や公園で貰ったことは無い。

2.       天津甘栗:2回、昔少し遠くに出掛ける時、駅構内で何回も買った。特急の中で食べた。旅行、特急、天津甘栗、三題噺みたいだが、旅の気分が出た。今は100円の袋菓子、鍋で煎って売っているのは買わなくなった。

3.       缶コーヒー:5~6回、自販機には何十種類も有る様だ。なるべく多様な好みに合わせるようにしているのだろうけれど、ご苦労様な事だ。缶は熱くて持てない位なのに、何故飲むのは平気なのだろうか、家で飲むコーヒーは掴むのは平気だけれど、飲むときは熱い。去年の今頃だったか、新宿中央公園のベンチでボンヤリしていたら、ドカジャンを着たオジサンが隣に座って、缶コーヒーを奢ってくれた。手配師だった。仕事、仕事で楽しみも苦労もそれぞれ。

4.       山菜の缶詰:1回、山菜採りは好きだからよく行く。食べられる野草は多い。貰ったタケノコとフキは大事にしまっておいて、感謝して食べた。これらは野草より野菜に近い。

5.       カップラーメン:1回、即席の袋麺も含めてよく食べる。これらも大発明の1つだと思っている。発売開始の頃から食べている。袋麺はキャベツと卵を入れて食べる事が多い。

6.       ジュンサイの瓶詰め:1回、茹でてホンの少しの酢を入れてあるだけなのに、一年ぐらいは全く鮮度が失われない、不思議な食べ物だ。もしかしたら何年も平気なのかも知れないが、実験したことは無い。自分は大きい方が好きだが、価格は小さい方が高い。大きい方は吸い物で、小さい方は酢の物で食べる。

7.       魚の缶詰:2回、沢山あるのでと言う理由、有り難く頂いた。面倒くさい時や、粗食の日は、これをギュギュと開けてご飯を食べると良い。自分は缶詰が好きなので、何個かは買い置きしてある。昔と違って、開けるのも簡単だし、指を切るような事も無くなった。昔好んで食べたクジラの大和煮の缶詰が早く復活して欲しい。あの煮こごりが特に好きだった。

8.       レトルトカレー:1回、ずっと昔発売されたレトルトカレーは自分の好みではなく、長い間食べなかったけれど、最近は比較的好んで食べる。未だ家庭用のカレーの缶詰って有るのかなあ、一頃贔屓にしていたのだけれど。

9.       ステンレス製のボール:1回、意味は未だに理解できない。高台が付いている。本体には水切りほどでは無いが穴が明いている。ミカンを買ってくると入れている。バナナを買ってくると、切り離して凸面を上にして一本ずつ立て掛けている。重宝している。

10.    薫製:2回、チーズ、ゆで卵、ソーセージ。フライパンに入れてチップを焦がして作ったのだろうと思う。そう言えば、ここ何年もスモーク缶を使っていないなあ。

11.    麩菓子、花林糖:一袋の中からお裾分け、垣根を挟んで二人で3時にしてお茶を飲みながら食べた。

12.    その他各種:儀礼答礼、何かを思い出すきっかけ。

|

« 今年貰った物、海産物編 | トップページ | 今年貰った物、形のないもの編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/4415199

この記事へのトラックバック一覧です: 今年貰った物、加工品編:

« 今年貰った物、海産物編 | トップページ | 今年貰った物、形のないもの編 »