« バスの乗り方(2) | トップページ | 働く夢 »

2007年1月17日 (水)

バスの乗り方(3)

火曜日の朝、いつものバスでいつも小学生が乗るバス停をバスは通過した。誰も乗客は居なかった。次のバス停にいつもの小学生が居た。1つバス停を終点側に移動した。家から同じ様な距離に有るのだろう。バスが止まった。そのバス停からはいつも一人の男性が乗る。バスはもう空いている。その男性はいつもの席に座る。

その日はそのバス停から二人が乗り込んだ。丁度自分の席からは乗車口近辺の様子がよく見えた。二人ともバスに乗るには少しバス停のポールから離れていた。お互いに譲ったのだろう。二人はお互いに手をさしのべて“お先にどうぞ”。

いつも乗る男性は少し早く来てバスを待っていたのだろう。少年はそれより少し遅れて来てバスを待っていたのだろう。混まないバス停では大抵バス停のポールから離れて待っている。それでもバスが接近してくれば、早く到着した順に緩く乗り口に向かう。一本線と言う事が多いけれど、二方向からの事も有るが勿論混乱は全くない。

少し笑みを持って男性が勧めた。男性はその少年の父親と同年代か、少しだけ上そうな感じ。少年が先に乗った。いつものお気に入りの席に座った。1回後ろを振り返った。後は黙っていつものように座っていた。男性は少年の後から乗り込んだ。いつもの普通顔になっていた。いつもの席に座った。

次の次のバス停で自分は降りた。いつもは4人降りる。その日は2人だけ。色々な事を考えているけれど、顔はいつも通り。他の人も色々なこと考えているのだろうけれど、顔はいつも通り。

|

« バスの乗り方(2) | トップページ | 働く夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/4971126

この記事へのトラックバック一覧です: バスの乗り方(3):

« バスの乗り方(2) | トップページ | 働く夢 »