« パチンコ | トップページ | エビ掬い »

2007年3月28日 (水)

1本5、000円の水

15年かそれより少し前に、大きなペットボトルを数本持って居る人を街で見たときは少し驚いた。買い物袋は近所のスーパーのものだった。近所の人だろうから、自分と同じ水道が引かれているだろうに。身なりもその他普通の感じの、つまり自分とそれほど違わない生活の人が、高い水を買って飲んでいる、「ふーん」。

当時は今よりペットボトルの水はかなり高かった。自分はそんな高価なものを飲むより、コーラかジュースか牛乳を、まあ有り体に言えばカロリーの有るものを飲んだ。お茶の類も買って飲む気はしなかった。

自分は今でも水は水道水を冷やして飲んでいる。お茶の類は淹れてから冷やして飲んでいる。十分美味しい気がする。外出するときは、ペットボトルに詰めて持ってゆく。不足したときは買って飲み、有り難い気はするけれど、特段に美味しい気はしない。水道水にしても作ったお茶も値段の差ほど健康に悪かったり、味が悪かったりするとは思えない。

今自分が住んでいるところの水の値段は、1トン当たり約\135500ml当たりでは\007である。自販機の水は500ml\120程度だろうから、価格差はなんと約1700倍だ。

某選良は1500ml\5000の何とか水を飲むらしい。水道水に比べると約70000倍。全くびっくり。そういう水を1日に4本も飲んじまって、ああなっちゃったのかなあ。説明責任とかで糾弾している方もされている方も、必要がないと言っている方もそうじゃないと言っている方も、飽きないでしっかりやって貰いたいものだと思う。次の選挙までやっていれば、それぞれその本音も少しは分かるだろうし、声高の発言をしない人の考え方も浮き上がってくるだろう。

自分は普段水道水を飲んでいるから、ペットボトルの水は贅沢な気がする。勿論飲みたい方はどんどん飲んで良いけれど、自分としては昔の物品税を少し復活させて奢侈税とか贅沢税とかお金持ち税とかセレブ税とか上品税とか、何かしら支払う人が喜びそうな名前を付けてたっぷり課税をすれば良いと思う。水道水より1700倍とか70000倍も高い水を飲んでいるのだから、担税能力に不足は無いと思う。

現在の地球上の人口は約65億人。ニュースによればその人口のうち7億人は飲み水不足に晒されている。ちょっと生まれた場所が悪いと言うだけで、その地の通常の生活下で飲み水不足というのは気の毒だ。少し助けてあげたいと思う。

「セレブで贅沢好みの恵まれない人たちに優しく寛大で上品な人たちが納めた税金」でそういう人たちがせめて飲み水ぐらいは今より容易に入手出来るように使えば良いと思う。それはそれで別の選良に甘い汁を吸われそうだけれど、それでも自分は喜んで1週間に1本ぐらいは500mlで税込み¥200ぐらいの水を飲もうと思う。本当です。さすがに1\5000の水は飲めないけれど。目の前に有ったら手を合わせて拝みそう。

|

« パチンコ | トップページ | エビ掬い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/5890470

この記事へのトラックバック一覧です: 1本5、000円の水:

« パチンコ | トップページ | エビ掬い »