« 越後屋(2) | トップページ | 洗濯板 »

2007年6月14日 (木)

スーパー銭湯

暫くの間、近くのラ○ンセンターに2週一ぐらいで通っていた。通常は土曜日の夕方。17時以降は料金が安い。自転車で鼻歌を歌いながら10分程、冬は寒いし真っ暗だし、鼻歌どころではなかったが。サウナに入って、板の間に寝ころんで、時々本当に眠りこけて、ゆっくり出来て中々良いところだった。倶利迦羅紋紋のオジサンも何人か居た。思わず拝みたくなるような有り難い彫り物の人も居た。そこも1年余り前に閉鎖に成ってマンションに成った。残念な事をした。

最近はスーパー銭湯に行っている。自転車で20分位掛かるから、前よりは遠いが、大きな公園を突っ切って行くので、温泉地に行って自然の中をサイクリングしてから、ゆっくり風呂に入るのだ、と無理矢理考えている。

焦げ茶色の天然温泉に入っていると、偶にうるさい子供が来て騒ぐので、プラスチックの風呂桶で頭をバッシリやっている、想像で。その日の最初のサウナは15分ぐらい入っている。汗がたっぷり出る、全く以て爽快だ。サウナ嫌いの人には分からんのだろうなあ、と思う。仕事か何かでとっても暑いときでも、サウナに比べたら、ドウって事はないから、忍耐強さも涵養されている、本当かいな。

ラ○ンセンターには特段注意書きは無かったけれど、最近通っているスーパー銭湯には、刺青、タトゥー、パインティングもお断り、みたいなことが書いてある。この間、服を脱いで、風呂場の方に歩き掛けたら、「済みませんが、、、」と従業員に話し掛けられた。顔を見たら、ちょっと哀れを誘っているような顔つき「えっ」「背中に湿布薬が、、、」そう言えば前日、体が痛くて、背中のあちこちに湿布薬をベタベタ貼っていた。サウナに入る前から顔が真っ赤になったが、素知らぬ振りで剥がして、ゴミ箱に捨てダッシュでサウナに逃走した。湿布薬はサウナに行く前に剥がしておいた方がよい。

|

« 越後屋(2) | トップページ | 洗濯板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/6786590

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー銭湯:

« 越後屋(2) | トップページ | 洗濯板 »