« 70才無職 | トップページ | 選挙のご案内(1) »

2007年7月16日 (月)

じゃないですかあ

「私ってお嬢さん育ちじゃないですかあ」

『お嬢さん育ちって自分で言うかあ、どんな家だったんだよう、あんたみたいなお嬢さんができた家は、それともお嬢さんの意味が違うのかい』

「私って歯が悪いじゃないですかあ」

『その年で歯がわるけりゃ、どうしようもねえだろう。子供の時ちゃんと歯磨いていたのかよ。それに今時珍しい出っ歯だし。』

「固い物食べられないんですよ」

『その割りにはフライドチキンやナンコツバリバリ食ってんじゃねえか、スイカ食ったらもっと凄いだろうなあ』

「私って食わず嫌いが多いから」

『言うのは勝手だけれど、そういう風には見えないぜ。こちらはあんたが食わず嫌いだ、全く』

「知らない人と一緒だと遠慮しているように見えるらしいんだけれど」

『全然そういう風には見えません、キッパリ。遠慮が無くなったら、どう言う風になるかも、恐いけれどちょっと見てみたい』

「私は楽しいんだけれど、人からは暗いとか思われるんですよ」

『全然思いません、暗く成るのはこちらの方です、今日は外れです。まさか人見知りするって言うんじゃ無いでしょうねえ』

「私って人見知りするじゃないですかあ」

『出たあ、悪い予感が当たったあ、あんたが人見知りじゃ、こっちは引き籠もりだあ』

「私って暗いところ苦手じゃないですかあ」

『そんなの知りません、どう言う意味ですか。何か特別な意味が有りません?それはともかく、暗いところからあんた見たいのが出てくるのは、こちらだって苦手です』

「私って寂しがり屋だから」

『えっどう言う意味?』

「同じ方向みたいだから、途中まで一緒に帰りませんか」

『拙い、送られ狼に捕まりそう』

「何かしちゃ駄目よ」

『それはこっちの台詞、何とかして脱走しなくちゃ、貞操の危機だあ』

年寄りにも若者にも、女にも男にも、田舎の夜も都会の夜も、危機をハランで更ける。ゴーン。

|

« 70才無職 | トップページ | 選挙のご案内(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/7119254

この記事へのトラックバック一覧です: じゃないですかあ:

« 70才無職 | トップページ | 選挙のご案内(1) »