« 箍(たが) | トップページ | 職業不詳 »

2007年7月 2日 (月)

ニョロニョロ

78年前、外房の大きな分譲マンションの近くを散歩した。マウンテンバイクの練習場が有った。その日は走っている人は居ないようだった。オートキャンプ場が有った。ちょっと中を覗いてみたい感じがして門の所に近づいたが、部外者立ち入り禁止のような事が書いてあり、Uターンした。尤もな事だろうけれど、ちょっと残念だった。事務所が有れば案内を貰いたいと思ったが止めた。実際オートキャンプに行くことは無いだろうけれど、想像したい気がしたので。

海岸線が見えるダラダラ道、国道から少し入った道、とても田舎な雰囲気。大きな分譲マンションが見えて、位置関係が解り国道の方に戻ろうとした。一緒に居た家内を左側に誘導して行こうとしたが、ドンドン右側に行く。道なりだとそちらだから。でも駄目な理由が有る。自分は少し前に藪の傍を大きなニョロニョロが匍って居るのを見つけたから、近づきたくなかったし、口に出すのも嫌だったから。とうとう口に出した。家内も飛び上がったが、こちらもゾッとした。

数年前に野川緑道を散歩しているとき、数人の人がコンクリートの土手から何かを見ている。覗いている方向から察するとろくな物ではない。仲間には入らず通り過ぎたが、ちらと横目で彼らの視線の先を見ると、やっぱりニョロニョロがのたうっていた。誰かが一撃を食らわせたのだろう。

一昨年だったか野川に掛かる橋を途中まで渡ると右側に蔦類が繁茂していて、その上側にニョロニョロが居た。幅2メートル程の人道橋なので本当は近づきたくないのだが、万やむを得ず渡った。その後何人も渡ったが、気付いていない風だった。あれは幻か、そんなことは無い。

相当前に研究室を見せて貰ったときに、中に居た研究員の1人が小さなビンを指差したので、顔を近づけて見たら小さなニョロニョロが解剖されて、心臓がドキドキしていた。こちらの心臓は止まりそうに成った。飛び退いたので、嫌いなのが分かったのだろう。「私も嫌いよ」とニッコリしてケロッと言われた。飛びかかって首を絞めた、と言うのは嘘。

会いたいものにも時々会うが、会いたくないものにも時々会う。最近この比率をちょっぴり良い方に変える方法を思い付いた。自分には未だそんなに効果は出ていないようだけれど。

|

« 箍(たが) | トップページ | 職業不詳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/7006557

この記事へのトラックバック一覧です: ニョロニョロ:

« 箍(たが) | トップページ | 職業不詳 »