« じゃないですかあ | トップページ | 英会話の »

2007年7月18日 (水)

選挙のご案内(1)

もうすぐ参議院議員選挙だ。我が家にも選挙のご案内という黄色の葉書が来た。投票に行くと「~~さんですか」と人定尋問を行う元だ。ウィといつも返事をしているけれど、耳が遠かったり緊張したりして、返事がいちてんぽ遅れる人は、選挙管理委員会の人や立会人の人にジロッと見られて居るんだろうなあ。未だ住所はどちらに成りますか、とか生年月日はいつですか、と言う質問を受けた人を見たことは無いけれど、そう言う人も来るのだろうきっと。その黄色の紙と違う人なら、トレーニングをしてきているだろうから、そんなことには成らないけれど、本人なのに、そう言うところに行くと妙に緊張して、どもって、しなけりゃ良い言い訳をして益々疑われる人なんか居そうで、1回見てみたい。きっとそう言う人は、大きく分けると二つになると思う。二度と行かないタイプ、行かなければそんな目に遭うことは無いわけだから。もう一つは義務感が強くてそれでも行くタイプ、益々緊張して、いつも不審に思われて選挙が有ると聞けば、もうその日から憂鬱の始まり。

友達のその又友達に1回も選挙に行ったことが無いと言う人が居るらしい。その人は、自分より少し年上。少し風変わりとは聞いているが。友達の話によると、その人は選挙権は、一家に一票で良いと思っているか、一家に一票しか無いと思っているらしい。どちらも信じられないが。何十年も一回も行かないと言うのはそれはそれなりに凄い物だ。

自分は選挙にはいつも行っている。街が喧噪から解き放たれて、ちょっと良い街に見えるし、投票場内も地味で親切で良い雰囲気だ。好きな場所の1つである。昔の不在者投票、最近は期日前投票とか言うらしいが、それも良くする。日曜日は用事があるからとか言う事ではないが、何となく。指定投票所より市役所が近いと言うのも理由かも知れない。選挙結果を見ると、自分はずれて居るなあと思う。入れた人は殆ど当選しない、最下位というのも時々ある。そう言う意味では被選挙人は自分に投票を呼びかけない方が良いかも知れない。落選を誘発してしまう。

選挙は天候に因って投票率がかなり違うとニュースで言っている様だけれど本当か知らん。国政選挙なら様々な天候の所が有るだろうから、天気と投票率が正しい相関関係に有ることがデータを示して証明して欲しい、意味は無さそうな研究だけれど。それとも論戦が若しくは候補者が若しくは選挙人が低次元で投票率が低いとなったら、現実的だけれど相当悲しい。それでも投票率を上げたかったら、くじ引きで何かを与えると良いかも知れない。例えば東京デズニーランドの入場券、ハワイ旅行、1000円の商品券・・・投票所の出口で出口調査なんかしないで、ガラポン(正式には新井式回転抽選機と言うらしい)を置いといて、投票した人は、1回抽選が出来る。外れ無し(勿論ポケットティッシュ)。少なくとも暫くは世界中の話題を掠いそうだなあ。

|

« じゃないですかあ | トップページ | 英会話の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/7193648

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙のご案内(1):

« じゃないですかあ | トップページ | 英会話の »