« 心配性・心肺症 | トップページ | 禁煙タクシー »

2007年8月 9日 (木)

犬の散歩(1)

私はポメラニアンを飼っている。名前は赤毛のアンから取ったアンだ。通常はアンと呼んでいる。ポメちゃん、メラちゃん、ラニちゃんなど色々悩んだが、余りに工夫がないので止めて、アンにした。みんな良い名前ねえと言ってくれる。本当は子供と同じようにちゃん付けで呼びたいのだが、アンちゃんだと下町の言葉の様な気がするのでアンと呼んでいる。

体が小さくて餌代が余りかからない。ちょっと見栄を張るには都合の良い犬だ。社交的で人懐っこい。利口である。みんなに誉められる。私の自慢だ。健康で今まで病気らしい病気をしたことがない。同居しているお義母さんとは大違いだ。芸を教えると良く覚える。これもお義母さんと大違いだ。小学校に通っている娘が色々芸を仕込んでいる。同級生を家に連れてきては、その芸を披露して喝采を得てご満悦だ。大抵は芸を1つぐらい披露すると、塾があるからとか、お稽古が有るから、スイミングクラブに行くからとか行って直ぐ帰る。もうちょっと芸を見てゆけばいいのに。ケーキやお菓子それにお茶を出したいと思っても直ぐに帰る。家には芳香剤をたくさん置いて、良い香りだのに。

家には、猫も2匹いる。トイレの躾をしっかりしているので何時もトイレで用を足している。家の中はまったく臭くない、家の中には芳香剤も効いているし。

一段落した午前にアンを連れて散歩する。いつもの人達と挨拶をする。手入れがされたアンを見て、毛が綺麗とか、明るいとか、賢いとか、色々誉めてくれる。相手の犬も私が誉める。みんな喜んでいる。

途中でオシッコをしたり糞をしたりする。人が見ていないと、片付ける振りをするけれど、実際はしない。傍に人が居ると片付ける。嫌な感じだ。暖かくグニュッとしている。ティッシュを掛けて小さなレジ袋で取る。公園のトイレに逆さにして入れ、流す。レジ袋はゴミ箱に捨てる。前に誰も居ないと思って入ったら、レジ袋ごとトイレに流している人を見たことが有る。場所が悪いと流さないで藪に捨てたり、ゴミ箱に捨てたりする事もある。時々猫の分も持って行って捨てる。家から遠いから平気だ。みんなもやっている。

|

« 心配性・心肺症 | トップページ | 禁煙タクシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/7475743

この記事へのトラックバック一覧です: 犬の散歩(1):

« 心配性・心肺症 | トップページ | 禁煙タクシー »