« 伊勢の浜荻 | トップページ | 銀行口座解約 »

2007年10月24日 (水)

中央線の新車両

毎日、中央線を利用している。これはJR東日本で東京と高尾往復している電車である。1、2年ほど前から旧車輌に混じって新車両が走っている。乗り心地は旧車輌より良いような気がする。吊り革も、前より良い気がする。それが吊り下がっている金属の棒も掴みやすい気がする。

もう将来の行き先が決まっているのか、通常中央線には不要なドアを開け閉めする押しボタンが設備されている。今は眠っているが、将来走る路線ではそれが目覚めてお客様の要望に応えられるようになるのだろう。

ただ1つだけ旧車輌より劣っているのでは無いかなあと言う点が有る。発車時にラジオが非常に聞き取りにくくなるのだ。多分モーターが回り始めるときに妨害電波が発信されてしまうか、そのシールドが前より良くないのでは無いかと、思っている。もしかしたら自分のラジオが古くなったせいかもしれないけれど。まあ本の短時間だからどうって事も無いけれど。

電車が2分おきぐらいに来るときは、前に発車した電車が次の駅に着く前に次の電車が来る。便利で誠に結構だけれど、運転士の方は、気が疲れると思う。中央線は水平的には少しデコボコが有るだろうけれど、中野と立川の間はほぼ直線だから前の電車が殆ど見えているわけだから。三鷹辺りの上空で電車を見たら、一度に何十編成も見えて、上り下りがフルスピードで走ったり止まったりする様子が全部見えて、手に汗握るのでは無かろうか。自分は気が弱いから、手に汗握るどころか冷や汗タラタラで、心臓ドキドキで聞かれていない事も白状して勘弁願いたくなる気がする。

事故で電車が止まり回復してゆく時もどんな感じで電車が運行再開して行くかを上空から見ていたら、それはそれで面白そうだ。

自分は電車マニアとは違うが、電車で旅行するのは好きだ。ビールも飲めるし、駅弁も食えるし、駅蕎麦も食えるし。何かつまみながら景色を見たり本を読んだり、居眠りをこいたり。

|

« 伊勢の浜荻 | トップページ | 銀行口座解約 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/8457853

この記事へのトラックバック一覧です: 中央線の新車両:

« 伊勢の浜荻 | トップページ | 銀行口座解約 »