« 雨のホームレス | トップページ | ヤヨワゲメヨ »

2007年11月 2日 (金)

階違い

誰でも勘違いと言うことは、有ると思う。自分は多いのか普通なのか少ないのか不分明であるけれども、普通の範囲内だと期待している。

電車の乗り換えで逆の方向へ乗り込んでしまう事は滅多にないけれど、1駅ぐらい乗り越すことは多いし、住んでいる集合住宅で、自分の階を通り越して、1階上に行ってしまう事もある。

今まで1回しかないけれど、自分が住む階を通り越して行き、廊下を歩いているときにも気付かず、自分の部屋の位置でカギを差し込みドアを開けようとした事が有る。幸い全く違うタイプの鍵で差し込めなかったから、変だなあと思って表札を見たら、見慣れない表札で一瞬トリップした。

自分には本のちょっとした時間であったにも拘わらず、自分が住んでいた時空では長い年月が経って自分の家族は自分を諦めて、何処かへ引っ越ししてしまった???自分はその間何していたんだろう??それとも自分はそっくりの異次元に入り込んだのでは無いか?普通そんな事は滅多に起きない。モザイク行動の様にちょっと振り返ると何かいつもと景色が違う、木の高さが違うようだし、ものが見える角度が違うようだ。1階余計に上がってしまった。すごすごと帰りながら、万が一何かの偶然でドアが開いて中の人に見咎められたら、それはそれで面倒な事に成っただろう。ああ良かった。又あらあなたお帰りなさい、とか言われて記憶と違う所に入っていったら、これはこれで結構な酩酊状態に成りそう、後で醒めたらID失うなあ。

やっと自分の階に戻って、ドアの鍵を開けようとしたら、又別の表札。この時は本当に血の気が引いた。オイオイ、時空が錯綜したか。安直なテレビドラマじゃないんだから。ちょっと振り返ると何かいつもと景色が違う、木の高さが違うようだし、ものが見える角度が違う様だ。1階余計に下がってしまった。ちょっと上気しながら今来た階段を引き返した。今度は途中で方向を間違った。下ばかり向いていて、踊り場で反対に曲がって壁に直撃。ずっこけて尻もちをついてそのまま転んで後頭部まで打ってしまった。

ココで悪夢からは醒めたが、気を失って階段をズルズル滑り落ちた。

|

« 雨のホームレス | トップページ | ヤヨワゲメヨ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/8730469

この記事へのトラックバック一覧です: 階違い:

« 雨のホームレス | トップページ | ヤヨワゲメヨ »