« 階違い | トップページ | マテバシイの食べ方(1) »

2007年11月 4日 (日)

ヤヨワゲメヨ

誰でも勘違いや無知から間違って記憶している事が有ると思う。自分はきっと平均を大幅に上回っている気がする。

昔はこの場合、江戸時代とか、には藩校とか寺子屋で論語何ぞを習っていたらしい。今とはちょっと読み方は違うだろうけれど、当時の話し言葉に引きずられた読み下しをしていたのだろう。解説も有っただろうけれど、それも大部分は為政者、若しくは権力の有るものに都合の良いものが多かったに違いない、まあ現代と大して変わらない。

意味も分からず丸暗記して大人になってからその意味を知るように成る人も多かったらろうし、ハッキリ知ることもなく、頭の中に仕舞われたまま二度と外に出てくることもない人も多かっただろう。たまには翻然と理解すると言うことも有ったかも知れない。

昔の人も賢さ加減、馬鹿さ加減は今の我々と大した違いは無いだろうから、間違って覚えて正す機会に恵まれずに、そのまま間違って覚えたり、意味も分からず覚えていたりする事だって、結構有っただろうと思う。

江戸時代の大部分の人達は世界地図は不要だったし、日本の歴史だって多分殆ど知らなかっただろう。今の様に旅行が盛んな訳ではないから地方のことは、関心も無かったし知らなかったと思う。そう言う意味じゃ暢気で良い時代だったかも知れない。

我々は何が必要で何が不要かもよく考えないで、成り行きと時代の変遷の間に揺れ動いて生活している。自分が小学生の頃とは今は相当違っている気がする。自分は小学校の時は相当ボンヤリしていたが、(陰の声:今でもボンヤリしているぜ、と言われそうだが)卒業式の時だけ歌う“仰げば尊し”は部分的に相当誤解して覚えていた。当時はなんにも考えないで、不思議とも思わなかったけれど。

仰げば尊し、我が師の恩 → 扇げば尊し、和菓子の恩。

身をたて名をあげ、やよはげめよ → 箕を立て菜を上げ、ヤヨワゲメヨ

他の所は兎も角、ヤヨワゲメヨって全く何のこった。主語ヤヨワ、動詞ゲメヨ。全く訳分からんけれど、特段の不都合もなく、楽しい小学校生活だった。

|

« 階違い | トップページ | マテバシイの食べ方(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/8759110

この記事へのトラックバック一覧です: ヤヨワゲメヨ:

« 階違い | トップページ | マテバシイの食べ方(1) »