« お握りの食べ方 | トップページ | 江戸時代のチョンマゲ »

2007年11月29日 (木)

卵の黄身

卵、よく食べる、誰でもよく食べると思う。~~、大鵬、卵焼き、今や死語に成ってしまったが。~~の方は自分には余り縁がない、故郷の近辺にはプロ野球のチームもなかったし、公式戦もあまり無かったと思う。有っても行かなかったと思うけれど、家族の誰も野球は熱心じゃなかった。

話は逸れるが大鵬は未だにファンである。子供の頃田舎の町に巡業に来た。今もそうだけれど、色白でハンサムで堂々と立派なのに親しみが持てた。自分が生まれた田舎と縁も有るし。小学校の児童会長を決める選挙で、大鵬と書いた奴がいたらしい(俺じゃない)。その内相撲博物館に行って望見しようと思っている。

一頃、卵はコレステロールが多いから多く食べてはいけない、と言われて家庭内で卵が制限されていたが、その後科学が進んで、一日に二個ぐらいまでは良いことになった。でも昔のコレステロールは何処へ行ってしまったんだ。それから卵を制限して居た頃も、上限付きながら解除に成ってからも、自分のコレステロールは高値安定。家族は同じ様な物を食べているのに、健康的安定、食べ物とコレステロールは我が家では相関が無い。

最近オムレツをふっくら作る技術に開眼した。積年の修行が実を結んだ、と言うことはないけれど。温泉卵も好きでよく食べる。薄く焼けただけの目玉焼きの両面焼きを温かいご飯の上に乗せて、醤油を垂らして、卵掛けご飯。白くふんわりした目玉焼きの片面焼き、スクランブルエッグ、厚焼き卵、キャベツを入れた即席ラーメンの上に有る生煮えの卵、その黄身を麺に塗しながら食べる。その他もろもろの卵料理。卵は我が友である。

自分は卵のブランドには余り関心がない。安くて新鮮で殻が固ければ、シロ、アカ拘りはない。依って卵の黄身が箸で摘める、黄身に爪楊枝を何本も突き刺して倒れない、等という売り文句は、どう言う意味だろうと思う、黄身の皮が固い?黄身自身が固い?美味しいとか、濃厚とかを表したいようだが。健康食品の宣伝と一緒で余り好きになれない。

美味しいから買って食べてください、と言うのは好感が持てるが、実際は責任有る発言が全くない印象映像だけではねえ。

数年前に鳥インフルエンザが養鶏場に感染して、悲惨な結果を招来してしまった。初期段階で誰か親身に相談してやれなかったものかと思う。物見高い連中は寄って集って、正義を振りかざした。全く見るに堪えなかった。

|

« お握りの食べ方 | トップページ | 江戸時代のチョンマゲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/9174954

この記事へのトラックバック一覧です: 卵の黄身:

« お握りの食べ方 | トップページ | 江戸時代のチョンマゲ »