« マテバシイの食べ方(1) | トップページ | 老人の餅の食べ方 »

2007年11月 8日 (木)

お節料理の食べ方

今だと全然関係ないので安心の季節だ。未だ商戦は始まらないし、今年の記憶も遠くに成りにけり。

正月にご近所の1人で暮らしているお爺さまからご招待が有れば、新年のご挨拶に行ってお節料理をご馳走になる。お節料理らしいお節料理を食べるのはその時だけだ。何処か有名なデパートに売っている有名な料理屋の贈答用。お爺さまが自ら真空パックを開けてそれらしい重に入れて、お目出度そうな取り皿と取り箸とを揃えてくれて、お屠蘇を一杯頂いてお節料理。

ちょっと逸れるが自分は伊達巻きが好きなのだけれども、一年中全く気にならなくて正月になると気になる。普段も売っていると思うが目に付いたことが無い。自分は頻繁にスーパーに買い物に行く、いわゆるスーパーマンである。何処に有るのだろうか。みんな見て歩いている風でもきっと、心の中で大抵は買うものを決めていて、そこに真っ直ぐ行ってしまうのかも知れない。TVのコマーシャル恐るべし。あ、家にはTVが無かった。新聞も取っていないし。

新しいスーパーに行くと新しいものが見えて新しいものを買うことが多いがいつものスーパーだといつものものを買う率が高い?きっといつものもの以外は目に映じてない危険が有る。今度スーパーへ行ったら他人の迷惑顧みず、流れに逆行して見て歩くべし。

お爺さんのお宅へお邪魔したら、最初の5分ぐらいは、改まって新年の挨拶やら旧年のお礼やら。後は2時間ほどの雑談、段々アルコールが回ってきて、話はあちらこちら寄り道をして、最後はどうでも良くなってお開き。てくてく歩いて帰宅。1年の出だしが良いのか悪いのか、そんな感じで始まる。

|

« マテバシイの食べ方(1) | トップページ | 老人の餅の食べ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お節料理の食べ方:

« マテバシイの食べ方(1) | トップページ | 老人の餅の食べ方 »