« 江戸時代のチョンマゲ | トップページ | ザル »

2007年12月 3日 (月)

襟を立てて

最近めっきり寒くなってきた、らしい。当方はそんな気がしていないのだけれど。コートを着ている人が増えた。真冬の感じのコートを着ている人も見かける。冬になったら、きっと極寒の服装をするのだろうけれど。当方はフリースの上着を着ている。風が吹かない限り寒い気はしない。木枯らしが吹くと、風が通ってゆき寒いので、フリースの季節はおしまい。

風も無いのにコートの襟を立てている人が多い。何かのファッションなのだろうけれど、それで背を丸めて歩くと、何か侘びしい。カサブランカのボギーは、あれで格好良いけれど、普通の人は普通の格好の方が良い気がする。襟の外側にマフラーをするのは、今は寒くないけれど、寒くなったら直ぐ襟の内側に出来るように準備しているのだろう。無用に長いと思われるマフラーをしている人も居るが、邪魔だろうし、色んなものに挟まれそうで危ない。ブラウスの上に厚いコートを一枚と言うのもなあ。

そんな話を雑談でして居たら、その内の1人が何かを急に思い出したらしく、「襟を立てて人の話を聞くべきだよ」と言った。当方は「座布団一枚!」と言ったが、受けなかったので、本人は言い間違いに気付かなかったらしい。

|

« 江戸時代のチョンマゲ | トップページ | ザル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/9238908

この記事へのトラックバック一覧です: 襟を立てて:

« 江戸時代のチョンマゲ | トップページ | ザル »