« 襟を立てて | トップページ | バナナの食べ方(1) »

2007年12月 5日 (水)

ザル

我が家にプラスチックで出来たボールとザルのセットが大小合わせて幾つか有る。笊は水を通して野菜や木の実、素麺などを通さないから誠に便利で重宝して使っている。台所に無くてはならないものの1つだと思う。

自分は関東出身ではないので、葬礼の中に笊転がしという風習がる事は知らなかったし、今でも行われているかは知らないが、謂われを知っている方が居ればご教授願いたいものだ。見たり、聞いたり、遣ったり、謂われを知っている方は、どうぞ教えて下さい。

ざる蕎麦みたいに、笊を使っているからと言う単純な中立なものも有るけれど、ザル何とか、という言葉にはロクなのが無い。ザルは不名誉な役があらを与えられて気の毒だ。

国会じゃ良く笊法を作って居るようだ。効果が無いばかりか、不平等を助長して前より悪くなりそうだ。

そこらの爺さん、爺さんだけとは限らないが、笊碁を遣っている人も多そうだが、これは無害だし、個人的な楽しみだから良いけれど、揶揄の言葉の接頭辞に使われてこれも気の毒。

笊耳というのは言い得て妙だが、ザルは水を汲む道具じゃないのだから、勝手に例えに使わないで欲しいと思っているかも知れない。尤も笊の方も笊耳で気にも留めずに居る、人間で言えば大人かも。

会社で見ていると、ザルを使って素麺をこしているのか、水を汲んでいるのか、迷うことが有る。素麺をこしているのなら、黙っていなければ成らないけれど、水を汲んでいるのなら、道具を替えた方が良いよ、と教えて上げたいけれどジッと見ていても不分明なことが結構ある。

まあ先方から見たらこちらは落ちこぼれのザル人間だろうけれど。

|

« 襟を立てて | トップページ | バナナの食べ方(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/9269362

この記事へのトラックバック一覧です: ザル:

« 襟を立てて | トップページ | バナナの食べ方(1) »