« 初島旅行 | トップページ | 納豆の食べ方 »

2008年1月16日 (水)

焼け石に水

世の中に焼け石に水って事は多いと思う。勢力やら予算やら小出しにして、思ったような効果が出ない内に、マンネリ化してしまう、ってやつです。

最近は○○に毛生え薬って奴もあります。本人はネットでやっと海外から入手して密かに過大な期待を持って、家族にも内緒で夜な夜な試して、半年もすれば、そりゃ少し産毛が太くなった気がしますが、他人から見たら肌が荒れただけで、それ以外全く変化無し。遺伝子に打ち勝つのは大変です、と言う実体験。教訓としては努力の甲斐無し。

わしの田舎には焼け石に水ではなく、水に焼け石という物が有ります。正確に言えば石焼き料理とか、もう少し格好良く磯焼き料理とか言っております。元は漁師料理だったのでしょうけれど、ホテルの人がそれにヒントを得てお客さんの前で派手に料理をして、美味しく楽しく召し上がっていただく、と言うものです。

まあザッと説明すると、お湯の入った木桶と言うかちょっと深めの木の盥に海鮮鍋料理具材一式+調味料を入れておいて、それに多分800900℃に熱した真っ赤な火成岩を放り込んで短時間に調理して食べると言うものです。とっても美味しいそうです。自分は未だそう言う所で食べたことは有りません、つまり地元なので、ホテルに泊まりませんので。河原でBBQを遣ったとき、真っ赤に焼けた石を、鍋に入れてごった煮スープ何ぞを作ると、短時間で出来ます、その前に石を焼くのに時間が掛かりますけれど。

石焼き芋で分かるように焼いた石で食べ物を焼くとか、石焼きの焼き肉は焼けた石に肉を乗せて焼くと言うのが基本的発想ですが、わしの田舎では、水気の有る鍋料理にそこらに有った焼けた石を放り込むという逆発想のずぼら料理を発明したのであります。

皆さん、男鹿半島にいらした折にはどうぞご賞味あれ。

|

« 初島旅行 | トップページ | 納豆の食べ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/9921209

この記事へのトラックバック一覧です: 焼け石に水:

« 初島旅行 | トップページ | 納豆の食べ方 »