« 肥後の守 | トップページ | 縄文土器 »

2008年1月28日 (月)

年賀状、家の長男です

喪中欠礼の葉書を貰うのは致し方ないとして、寂しい。故人が高齢だと少し救われる気がする。写真が印刷してあって猫だったりすると、どう言う風に考えたらいいのか、よく分からない。家族同様の気持ちで暮らしていたのだろうけれど、尊属が死んだら、なんて挨拶するのだろうか。

自分が犬か猫を長年飼っていて、それを知っている友人には、喪中欠礼ではなく、死んだら葉書を出して、お知らせするかも知れない。受け入れられる程度の喜びや悲しみを共感するのは、友情の一環だと思う。でも少し危険な賭の匂いがする。

年賀状に家族の写真が印刷してあるのは、好ましいと持っている。普段着も良いし、旅行のスナップも良いし、正装も良い。奇天烈なのは止めてほしい、正月から目眩がする。特に赤ん坊の素っ裸は止めた方が良いと思う、幸いなことに自分は貰ったことがないが。几帳面な人なら、その人が成人式の時に、偶々会ったりしてその写真を思い出して興ざめするだろう。顔が赤くなったりするかも知れない。

ちょっとしたコメントが有って良いし、通り一遍のもそれはそれで良いと思っている。昔の思い出が有るばかりで、何十年も会っていなければ、特に書くことも無いし。年賀状を貰えば、当時を思い出したり、今を想像したり、色々考える。

犬の写真が印刷してあって、我が家の長男です、なんて言うのにはゾッとした。おまえんちの倅は犬か、するとおまえは何だと、思わず突っ込んでしまう。その場合、長女は多分人間だったりするのだろう。

|

« 肥後の守 | トップページ | 縄文土器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/10121700

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状、家の長男です:

« 肥後の守 | トップページ | 縄文土器 »