« シラスの食べ方 | トップページ | 核家族 »

2008年2月29日 (金)

ウドの食べ方

去年の春、バスに乗っているとき、何時も見る畑に新しい何かが植えられていた。時々見ていると、ウドだった。夏に成ると大きく繁茂した。出だしが遅かったからかウドの大木らしくは大きく成らなかった。広がって繁茂した。どうするんだろうと思って見ていたが何時までも収穫する気配はない。秋になってもそのまんま。冬になったら枯れた。いつの間にか枯れた葉が取り去られていた。「ウーン」と思っているとき、ラジオの番組で根を移植して室に植え、東京ウドを育てる、見たいな事を言っていた。「フーン」。

モヤシじゃないんだから、種から育ててあんなに大きくて太いものが出来るとは思っていなかったが、これで疑問が解けた。東京ウドじゃ根は育たないだろう。こう言うのを2年生作物とでも言うのだろうか、話は逸れるがこんにゃく何ぞはこの伝で行くと、3年生作物と言うことになる。

東京ウドを見たのは東京に出て来てから、食べたのは見てから相当の年数が経っていた。ヤマウドには手がのびる。1番好きなのはゴマ味噌和えだった。年寄りが好きなものが好きだね、と言われたこともある。あの白い奴には、なかなか手がのびなかった。

今は東京ウドも好きで食べる。ヤマウドとは別の野菜だと思っている。

20年以上前に太くて15センチ位のヤマウドを230本貰ったことが有る。テンプラはこのヤマウドの為に有るのでは無いかと思った。まことに美味しかった。夢中で食べてしまった。今でもあの味を越えるタネに有ったことがない。

それから山菜採りに行くとヤマウドを探して採るようになった。翌年も採れるように、一本だけ生えているのは採らない。

そんなこんなしている内に、栽培のヤマウドを何回か貰った。まことに結構なことである。テンプラにして食べた。美味しかった。しかし天然のヤマウドには敵わない。ヤマウドが生きられる環境ではなく、ヤマウドが生えたい環境で生えた場所のものには敵わないのだろう。

今年も又季節になったら、何回か近くの野山に出掛けてヤマウドを探してみる。上手く行けば太くて1520センチぐらいのヤマウドが何本か採れる。楽しみだ。

|

« シラスの食べ方 | トップページ | 核家族 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウドの食べ方:

« シラスの食べ方 | トップページ | 核家族 »