« 老人の運転 | トップページ | 3月31日の花束 »

2008年3月30日 (日)

農家の軒先販売

自分が住む町には、農家が軒先販売をしている所が沢山ある。共同で開いているらしい直売所もある。時々散歩の時に買っている、キウイや柿を買うときもある。ちなみに一番多く買うのはナス。地産地消。トマトが少しいびつで大きさが不揃いでも、キュウリが少し曲がっていても新鮮で味が良ければ全く拘りはない。あっそ、割安感も大切だ。スーパーより安いのは当たり前で、八百屋より少し安ければ嬉しい。

その農家の意気が感じられる野菜が並んでいればそれだけで良い野菜のような気がする。そう言う軒先販売は近くを通ると、必ず覗いて必要なものが有れば買う。

手にとって見てみると、買う気がしない野菜を置いているところもある。度重なると覗く気もしなくなる。キュウリが曲がっていても勿論良いけれど、限度を超えて曲がって居るのは気に入らない。トマトがいびつでも良いけれど、限度を超えていびつなのは気に入らない。伸びすぎたブロッコリーは置いちゃ駄目だと思う。それで価格が結構立派だったりすると、何か勘違いをして居るんじゃないかと思ってしまう。

以前贔屓にしていた直売所の価格に割安感が無くなり、野菜も何となく質が落ちて、新鮮野菜のスペースが減り、趣味で作ったような手工芸品や雑貨が増えて行きその内足が遠退き、全く見にも行かなくなった所がある。

お客さんが多いからと言って、期待しているものが少なく、期待していないものが多くなればその内お客さんも遠退く。売り手と買い手の意識の乖離が大きくなれば、当然だ。

多分どんな仕事も初心を忘れずにって事だろう、人の事を言える義理でもないが。

|

« 老人の運転 | トップページ | 3月31日の花束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/11986307

この記事へのトラックバック一覧です: 農家の軒先販売:

« 老人の運転 | トップページ | 3月31日の花束 »