« イチゴの食べ方 | トップページ | 農家の軒先販売 »

2008年3月28日 (金)

老人の運転

友達が運転免許を更新に行って、爺扱いされて、ムッと来たので少し芸をして、耄碌している振りをしたら、もう少しで更新が出来ない所だったと言っていた。

切り方は難しいだろうけれど、70才越えたからと言って、言外に免許を返上したら、みたいなことは止めたら良い。これは一種の虐めだと思う。そんなことをするより、酔っぱらい運転をした奴は、一生涯免許を取得出来ないようにするとか、直ぐ切れる奴には免許をやらないとかの方が交通事故減少によっぽど実効があると思う。

老人の全体に占める事故が増加したのは、老人の事故率が上がったと言うより、老人の比率が上がっただけだ。自分も老人の車に轢かれたくはないし(勿論、若者の車にも轢かれたくない、美女の車だったら良いと言うわけでもない。)老人に成って人を轢きたくもないが。社会全体で老人を支えてゆくつもりは全くなく、ちょっと危ないオモチャを取り上げて、事故が発生しないと思うのは、少し思考が違うと思う。

近くに良く面倒を見てくれる娘が住んでいるとか、都会の真ん中に住んでいて便利この上ない人なら兎も角、田舎で老人だけで住んでいたら自動車がなければ、そりゃもう引き籠もりに成ってしまいます。

警察にしてみれば引き籠もりでナントカ症になって孤独死は管轄外だから、そっちに追いやってしまえ、みたいな所がチラッと見える気がする。それより地域に出掛けていって、老人の為の安全運転講習をした方が良かんべえ。

出来るだけ支援しますが、もう限界かなあと思ったら、免許を返上してください、とでも言えば納得して返上する人も増えるだろう。ついでに生涯1年に付き5万円分のタクシー券を給付します、希望があれば、使用しない分の同等金額を社会貢献の為に任意の団体に寄付できます、とでも言えば、免許を返上してタクシー券の半分ぐらいは残して社会貢献に使って貰おう、と言う気にもなるものだ。

あんたは、もう爺さんで、目も霞んで、動作も鈍くなっているし、自動車を運転すると危なくてしょうがないから、自分の身のためにも免許を返上した方が良いじゃないか、あんたの為を思って居るんだぜい、とお為ごかしを一回りぐらい若い後輩に言われたら、フン五月蠅い、ってなものだ。

老人を大切にしよう、世話にもなったし、これから行く道だ、と別の友達が言っていた。

|

« イチゴの食べ方 | トップページ | 農家の軒先販売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/11873793

この記事へのトラックバック一覧です: 老人の運転:

« イチゴの食べ方 | トップページ | 農家の軒先販売 »