« 杞憂 | トップページ | 省エネ »

2008年5月30日 (金)

二酸化炭素削減

今地球温暖化を食い止めるために、温室効果ガスを削減しなければ成らないらしい。そのガスの代表は二酸化炭素。今後数十年間で今の半分以下に排出を削減しなければ成らない。どう考えたって無理だと思う。

目茶苦茶太って体重150Kgの人が100Kgに減量するのだって、経験知から見れば無理なのに、体重を75Kgまで減らせってなものだ。例えが良くないか。

今殆ど排出していないところも、排出の権利を持っていて、金のある工業国が金の無い第三世界から権利を買って、達成したことにするのかも知れないが、何かインチキ臭い。汚職が蔓延しそうだし、二重売りや空売りが頻発しそうだ。痩せた人から太る権利を買い取って、太っている人が、現状維持で事を済ませて居るような。

「私もう50Kg太る権利が有るのよ、だけど今は150Kgだから本当は200Kgでも良いの」見たいな摩訶不思議な話になりそう。

そもそも温室効果ガスを削減して温暖化を食い止められるのか、何か別の要因で温暖化していて、その結果温室効果ガスが増加していると言うことは無いとは思うが、因果関係は、大丈夫なのだろうか。

きっと色々な排出を規制しても二酸化炭素の削減は目標に到達しないだろう。今有る二酸化炭素を減らす方法は無いものだろうか、それも継続的に。

自信はないけれど、世界の大砂漠、例えばサハラ砂漠、ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠、アタカマ砂漠、ナミブ砂漠、もっと沢山あるだろうけれど、こういう地域を先進国こぞって、技術と金を出して緑化して、植物の作用で気温を下げると共に、二酸化炭素を吸着すればよい。食糧の増産も出来る。

火星に人工衛星を送り込んだり、原子爆弾を作ったりしている暇はない。未来の人類、それもたった50年か100年先の我々の子孫に恨まれたり馬鹿呼ばわりされたりしないように、真剣にやった方がよい。

|

« 杞憂 | トップページ | 省エネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/21272720

この記事へのトラックバック一覧です: 二酸化炭素削減:

« 杞憂 | トップページ | 省エネ »