« キリタンポ鍋の食べ方 | トップページ | 二酸化炭素削減 »

2008年5月26日 (月)

杞憂

2008519日付けのニュース:日本とインドネシアの経済連携協定(EPA)で今年の夏に看護師、介護福祉士が500人程度日本に来ることが決定した。

2008523日付けのニュース:日本側の仲介機関「国際厚生事業団」が23日、病院や介護施設を対象にした説明会を開いた。参加者は予想を大幅に上回った。

~~~~~~

その内マレーシア、フィリピン、タイなどからも多数来日するだろう。

~~~~~~

~~~~~~

私は大変申し訳ないことをしたと心から思っております。私が死なせてしまった斉藤さんには大変申し訳ないことをしたと心から悔やんでおります。何故かはよく分かりませんが、私は長い間斉藤さんから虐めに遭っていました。何時も私に対して見下した事を言っていました。私だけのことなら兎も角、家族の事や、国の事など色々言われました。それも二人きりの時だけです。他の人が居るときは、何時も良くやってくれている、みたいなことを話しているのです。裏と表では大違いです。

だからといって、人工呼吸器の管が外れているのを発見しながら、10分も放置したことは、良くないこと、いえ、悪いことだとは充分分かっています。

3年前に私は看護師として来日しました。最初の半年は日本語研修、日本の習慣などを勉強しました。自分の国とは大きく違うと思うこともあるし、人は基本的には全く同じと思うこともありました。勉強も仕事も大変でした。でも毎日が充実していて、楽しくやっていました。友達も出来たし、良い上司にも恵まれたし、あと少しで日本の国家試験を受けるところでした。日本人の上司はきっと受かるから、毎日しっかり頑張りなさいと励ましてくれました。勉強の指導もして頂きました。尊敬しておりました。彼の期待を裏切り、迷惑を掛けることになって大変申し訳ないと思っております。

今は留置されています。私がしたので当然の報いだと思っています。でも私の問題が私個人の問題から離れて、この制度そのものの問題だとか、外国人に大変な仕事である看護や介護の仕事を押しつけるのは間違いだとか、能力が低いいい加減な人達に日本での仕事は無理だとか、とんでもない方向に議論が沸騰してゆくのを見るのはとても辛いです。

又、日本と私の国との間で私個人の問題が民族的対立や経済的摩擦に発展しつつあり、とても悲しいです。お互いに補完しあって双方とも良いところを出しながら助け合うという原点を忘れて、感情的な対立をするのは間違っていると思います。看護される人や介護される人を置き去りにして、自分の利益を計るという意図を隠匿したまま、他人を攻撃したりお為ごかしなことをしたりするのは、折角軌道に乗りかけたこの試みをぶち壊して、患者さんや介護を必要としている人を犠牲にする悪い人だと思います。

近隣諸国がお互い補完しながら助け合ってもっと有意義な人生が送れるように成れば良いと思います。

|

« キリタンポ鍋の食べ方 | トップページ | 二酸化炭素削減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/21198779

この記事へのトラックバック一覧です: 杞憂:

« キリタンポ鍋の食べ方 | トップページ | 二酸化炭素削減 »