« 野菜のタグ | トップページ | 福原橋の桑 »

2008年7月17日 (木)

ペットの世話

何時も散歩している綠道にベンチが南向きに5台並んでいるところが有る。目の前は遊水池。春のある日、その内の1台に寝転んだ。他には誰も居なかった。帽子を顔の上に乗せて、ジッとしているとポカポカして気持ちが良い。遠くに鳥の鳴き声が聞こえる。心が安まる。そよ風が吹いている。何か気持ちよく眠ってしまった。

夫婦連れが「この子」連れて来て、ベンチの1つに座った。この子は二人に挟まれて真ん中に坐った。奥さんがその子にブラシをかけている。抜けた毛は無造作に掴んで風に飛ばしている。塊の幾つかが、ベンチで寝ている人に付いた。奥さんは時々幼児語でその子に話し掛けながら、ブラシをかけている。その子は何も言わない。

「原材料は天然木100%だから安心よねえ。パインウッドの高い抗菌力が長い間腐敗臭の発生を抑えるのよねえ。粒の大きさも丁度良いし、適度な重さで足場もしっかりするし、足にも付きにくいし、汚くなったところを散歩のついでに時々捨てれば良いのよ。土から生まれて土に帰り、環境の保護と再生に貢献して居るんだわ」

確かにさっき、遊歩道の植え込みの中にレジ袋を逆さにして何かを捨てていた。そのレジ袋も丸めてちょっと離れたところに捨てていた。

「ふやかして与えて下さい、と言うことでお皿に入れてから、熱湯を表面まで注ぎ、230分したら、スプーンで少しかき混ぜると、この子が食べてくれるのよね。最初の内はそれに粉ミルクを混ぜて、スプーンで混ぜて、抱っこしながら、少しずつ与えたのよね。食事の後は、口の周りを、濡れたタオルで丁寧に優しく拭いてあげるの」

「もう家に来てから、8年目。最近は殆ど動かないし、じゃれつくこともなくなってきたし、時々粗相をするし、目には目脂が沢山付いて、歯も半分以上ないし。毛の本数も半分ぐらいに減ってしまったわ」

「この子が居ると心が安まり、癒されるわ。従順だし。しっかり最後まで、心をもめて世話をするわ」

「歳月が経つのは早いわねえ。この子が来てから、早8年、、、、そう言えばこの子が来てから、1回もお義母さんのお見舞いに行っていないわねえ」

|

« 野菜のタグ | トップページ | 福原橋の桑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/22365585

この記事へのトラックバック一覧です: ペットの世話:

« 野菜のタグ | トップページ | 福原橋の桑 »