« たこ焼きの食べ方(2) | トップページ | たこ焼きの食べ方(4) »

2008年10月14日 (火)

たこ焼きの食べ方(3)

田舎に居たときに見たことも無かったのに、こちらに出て来て学園祭の時に、同好会でたこ焼きの屋台を開くことになった。どう言う風の吹き回しでそうなったかは覚えていない。飛ぶように売れた。最後はタコを小さく切ってナントカ凌いだ。売る方も買う方も、学生特有のまあ一種のヒステリー状態。タコが小さくなってからも味見したけれど、とても美味しかった。

予想よりたくさん売れた。たこ焼きには楊枝を付けないで、割り箸を付けていた。途中で割り箸が不足してきた。何時も食事に行っている学校の近所の食べ物屋に行って、オジサンに割り箸を数百本分けて貰った。友達と2人で交渉に行った。快く分けてくれた。アレッと思うほど安かった。

祭りが終わって道具を返して清算したら、これ又予想以上の利益が出た。同好会で発行していた文集の制作費に充てた。

何年か前に母校の近くを散策し、割り箸のオジサンの店が有った辺りも探してみたが、全く様子が変わっていた。ご存命なら相当のジイサマになっているはず。息子さんが跡を継いで、偶には店に出て来て学生と話をしていると良いけれど。

|

« たこ焼きの食べ方(2) | トップページ | たこ焼きの食べ方(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/24476853

この記事へのトラックバック一覧です: たこ焼きの食べ方(3):

« たこ焼きの食べ方(2) | トップページ | たこ焼きの食べ方(4) »