« 冬の鳥、ツバメ | トップページ | 本当ですか »

2008年11月20日 (木)

全面勝訴

ちょっと話題になった裁判の結審の日、支援の傍聴人が裁判所から出て来て、「全面勝訴」「不当判決」などの幟の様な物を出して外に居る取材陣その他不特定多数に示す。自分の意見が通れば「全面勝訴」で自分の正当性を声高にクドクド説明する。通らなければ「不当判決」と言って強く裁判官を詰るというステレオタイプは兎も角。

後「一部勝訴」というのも見たことが有るが、その他はどんな表示が有るか今後注意して見ていこうと思う。「保守反動」なんて言うのも有りそうだ。

裁判所の近くの文房具屋さんで「全面勝訴」とか「不当判決」とかその他解りやすい幟を各種準備しておいて、原告被告冷やかしなどのご要求に応えられるようにして置けば、便利で結構な事ではないか。上記の他、当面「無罪」、「有罪」、「死刑」、「無期懲役」、「玉虫色」などが有れば良いと思う。

裁判が終わったらそれぞれの立場の人がバラバラ出て来て、裁判所の広場で、それぞれ幟を立てて、説明したり、討論会を開いたりするように成るかも知れない、なんて。

|

« 冬の鳥、ツバメ | トップページ | 本当ですか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/25514983

この記事へのトラックバック一覧です: 全面勝訴:

« 冬の鳥、ツバメ | トップページ | 本当ですか »