« 12,000円が貰えたら | トップページ | ゴミの捨て方 »

2008年11月30日 (日)

剪定

昔リンゴその他の果樹の剪定を手伝った。晩秋から真冬にかけて行う。寒いところでの作業だ。最初の内、手や顔が冷たい。暫くすれば、力の入る仕事だから、寒いと言うことはない。剪定した枝は、時々穴に集めて、燃やす。

剪定は微妙な所が有って、何年も経過を観察しないといけないから、上手になる為には年期が居るけれども、それなりに8割ぐらいでよければ、勘のいい人ならそれ程難しいことではない。上手い人から少し習って、教本を読んで、思った7掛けぐらいで切るのを止めれば大過はない。切らないでおけば、必要なら後で切れば良いけれど、切った枝を元に返すには何年か掛かる。

街を歩いていると、公園や遊歩道の植え込みや樹木に手が入れられている。これらは果樹ではないが、見た目は兎も角せっかくの物が台無しになっていることが散見される。勿論予算の都合だろうけれど、もう少し何とか成らない物だろうか。花が咲かないサツキやドウダンツツジを見るのは辛い。植えっぱなしの芝生を見るのは辛い。雑草だらけの小川を見るのは辛い。

テレビには、乗っている枝や掴んでいる枝を切り落としているのじゃないか、と言うような事をシラッと言っている人が居る。バランス感覚が悪いとしか思えない。評論家や政治家には向いているかも知れないが、少なくとも植木屋と果樹農家には向かない。

|

« 12,000円が貰えたら | トップページ | ゴミの捨て方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剪定:

« 12,000円が貰えたら | トップページ | ゴミの捨て方 »