« 浦島太郎(3) | トップページ | 浦島太郎(4) »

2008年12月28日 (日)

お焦げご飯の食べ方

小学生の頃毎日学校が終わると、小走りで家に帰り、鞄を放り出して外に遊びに行った。春もそうだった。夏もそうだった。秋もそうだった。冬もそうだった。毎日忙しく続きで遊んでいた。今考えるとそんなに遣ることが有ったのかなあと思うが有ったのだ。雨の日は、家の土間で同時流行っていた子供の遊びをしていた。学校の体育館で放課後ずっと遊んでいることも多かった。

時々はずっこけたり、ぶつかったり、木から落ちたり、小さな怪我捻挫は頻繁に起きたが、大きな事は幸いにも一度も起きなかった。

稲刈りが終わると、日は急激に短くなり、帰宅する時間が毎日早まってゆく。誰も薄暗くなり始めると家に帰った。

お腹がペコペコで、家に帰ると、偶々母がツバ釜で炊いたご飯を櫃に移しているときが有る。そんな時は、釜の底に着いたお焦げご飯の白い方に味噌を塗って丸めて、つまり蒲鉾状にしたのを手渡しで貰って食べた。縁側に坐って足をブラブラさせながら食べた。この上もなく美味しかった。

室内で1人ゲームをしながら、ポテトチップスを食べてコーラを飲む、と言うのは当時全く知られていなかったけれども、今はきっとそう言う時代なのだろう。

自分は外で遊び回って、味噌塗りお焦げご飯を食べて、その日に有ったことを母や父に話して聞かせた時代を経験したことを、幸運だったと思う。

|

« 浦島太郎(3) | トップページ | 浦島太郎(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お焦げご飯の食べ方:

« 浦島太郎(3) | トップページ | 浦島太郎(4) »