« 色々な物の食べ方 | トップページ | タケノコの食べ方 »

2009年2月27日 (金)

木曜日の夜の食べ方

ムスリムの人々にヒジュラ暦第9月、ラマダーンと言うものが有る。日本では断食月と訳されているようだ。誤解してラマダーンの事を断食のことだと思っている人も居るようだけれど。また別の誤解でその間(つまりは1ヶ月と言うことになるのだが)、断食をしている敬虔なイスラム教徒がいる、と言うのも有る。これは物理的に無理だと言うことが、ちょっと考えると直ぐ解ると思うけれど。悪意が有れば、陰で食べているに違いない。つまり本音と建前の乖離が大きい。だから・・・信頼できない、見たいな話になると、こういう人はもうかなり処置無し。自分の無知を顧みず悪意を以て他者を見る、自戒。

断食の由来は兎も角、これは食料を節約するためではなく、宗教的な試練として行う物だ。日中の飲食が禁じられている。妊婦、子供、老人、旅行者などは免除。その他の人でも日没から夜明けまでは食べて良い。試練だから、食べる物は昔はかなり地味な物だったと思うが、今は贅沢な物になっているようだ。自分の友達は、お祭りのように夜ご馳走を食べることが多いから、太ると言っていた。統計でも食料消費量が増えると言っていた。ヒジュラ暦は純粋な太陰暦で、閏月の調整が無いから1年に11日ずつ太陽暦からづれ33年ほどで元に戻る。因ってラマダーンは日の長い暑い真夏もあれば、日の短い寒い冬もある。ラマダーンの季節が2回転すれば、もうその人の人生も晩年だ。

自分はこれとは本当は全然関係ないのだけれど、粗食日という日を設けてある。実施は木曜日の夜、一食だけだけれど。1年は52週だから、日数だけ見れば、ラマダーンより多い。

他の人が我が家の食事を見れば、普段から粗食じゃねえの、と言いそうだが、木曜の夜は一汁一菜かパンにマーガリン、牛乳か水というような食事になる、量も少ない。論語で言えば疏食。

それで節約したと見なす一週\500を貯めて1年で\26,000気が向けば少し足して寄付している。寄付先は世界の貧困地帯で生活援助、医療、教育などの活動をしているまともな団体。

|

« 色々な物の食べ方 | トップページ | タケノコの食べ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木曜日の夜の食べ方:

« 色々な物の食べ方 | トップページ | タケノコの食べ方 »