« 市議会議員選挙 | トップページ | 柱時計 »

2009年3月29日 (日)

ピコピコハンマー

ピコピコハンマーがJRの武蔵野線と南武線に装備された。二線とも首都圏の外環にあり、それなりに重要だけれど、直に都心に向かうと言う感じではない。ラッシュアワー以外は電車が10分に1本程度の所である。自分も偶に利用させて貰っている。景色がややのんびりしている。

ピコピコハンマーは、シルバーシートの横に装備された。目的は、該当者以外が坐っていたら、誰でもそのハンマーで、寝たふりを起こして、そこに本来坐って頂くべき人に席を譲る為の注意喚起。いや別にこれでそこにタヌキ寝入りしている人の頭を叩くというわけではない。頭上の荷台を叩いてお目覚め願う、と言うだけだ。

装備してから暫くは使われる事が無かった。勿論その席が正しく使われていた、と言う意味ではない。誰も遠慮して使わなかったと言うだけ。

老人や妊婦、体の不自由な人ならそこに行けば殆ど自動的に席を譲って貰えるとすれば、少しは気軽にお出かけも出来ると言うものだけれども、決してそうではない、と思って発案者は関係者を説得して、ピコピコハンマーを設置した。

その内使う人が出た。見てくれはそこにそぐわないが、急に目眩がしてへたり込んでいた中年オジサンを立ち退かせたり、急に腹痛を催したオバサンを追い払ったりの小事故も有ったが、例のピッピの音で、シルバーシート以外の席を声を掛けて譲ってくれる人も予想外に多く、それなりに効果は有ったようだ。優しい人は実は勿論沢山いたのだけれど、シルバーシートの意味が理解できていない人が、相当数いることも発見された。全く理解していない人が、もう途轍もない数がいて、それでもちゃんとかどうかは不明だが、まあまあ普通に生きて行けるのだから偉い物だ。世の中の仕組みなんか殆ど知らなくとも、まあまあ生きて行けるようだ。

発案者は、当初の目論見と違って、音で近隣に知らせるので、多くの人が優しさを発揮しとっても良かったと思っているが、シートの意味を全く理解していないし、お知らせの張り紙にも全く注意を払っていない人が大勢いることも知り、大いに悩んでいる。

優しい人は沢山いるが、知らしめるべきだと思った人には全く効果のないピコピコハンマーを別の路線にも拡大適用すべきか、それとも止めるべきか、ああそれとも暫くこのまま実験を継続すべきか。

未だご覧になっていない方は、廃止になる前に、この二線に乗って実際に見聞した方が良いかも。

|

« 市議会議員選挙 | トップページ | 柱時計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/28866944

この記事へのトラックバック一覧です: ピコピコハンマー:

« 市議会議員選挙 | トップページ | 柱時計 »