« 小バエ男 | トップページ | マンゴーの食べ方(前) »

2009年5月31日 (日)

突然の狂気

昨日スーパーに行った。週末には家内に誘われてスーパーに行く。重い物や大きい物を運ぶ係。家内は歩いて、自分は自転車で。

土曜日11時少し前、スーパーは比較的空いていた。自分は入り口で別れて、自転車置き場に自転車を置いてから、1人でブラブラ見ながら、地下の食品売り場に降りていった。家内は売り場の何処かにいるはずだ。

少し前を、夫婦連れが歩いていた。自分よりは少し若い。亭主の方が何か言っている。内容は聞こえないが、何かを詰っているようだ。同じ事を何回も言っている。奥さんの右側に成ったり左側に成ったり、声が聞こえなければ、仲が良さそうにも見えた。奥さんは黙っている。大きなカートを押している。何となく歩き方がぎこちない。2人で来てこんな所で喧嘩するなんて、どちらか一人で来れば良いのに、それとも車の中で諍いを起こしたか。聞きたくないので、それ以上近づかないことにした。

野菜、果物売り場当たりから、奥さんがカートに商品を入れ始めた。亭主は、低い声だが先ほどより強く詰っているようだ。奥さんの体が強張っているように感じられた。奥さんは引き続き無言である。亭主は未だ詰っている、先ほどより激昂している風だ。こちらは何となく呆れる。亭主がカートに手を掛けたその時、奥さんがそちらにカートをグイと押した。亭主はそれに押されて、よろけた。奥さんはもう一度亭主の方にカートをグイと押した。亭主は大きくよろけてその場に仰向けに転んだ、奥さんが「うっ」と低い声で唸った様に聞こえた。亭主が転んだところを奥さんは何回もカートを勢いよくぶつけては引いて、又ぶつけた。亭主は呆然と奥さんを見ている。奥さんはカートをぶつけて勢い余って、カートが亭主の上に倒れた。奥さんはカートに下げていた傘を拾って、その柄を持って、無言で亭主を何回も打擲した。亭主は暫く両手で顔の辺りを庇っていた。奥さんはグニャリと曲がった傘を亭主にぶつけて、くるりと向きを変えて、早足でその場を立ち去った。一瞬奥さんの顔が見えた。息が弾んでいて、目は釣り上がっていたようだったが、全体的には無表情にみえた。亭主は事態をよく飲み込めていないようだった。呆然として暫くそこを動かなかった。

|

« 小バエ男 | トップページ | マンゴーの食べ方(前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/29869249

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の狂気:

« 小バエ男 | トップページ | マンゴーの食べ方(前) »