« ガードマンの帽子 | トップページ | 転車台 »

2009年5月 5日 (火)

ティッシュー手品

この頃又ティッシューを配る人が減ってきた。一頃景気の回復が見られたように感じられ、ティッシューを配る人が増えたに感じたが、あれはガセだったか。

チラシだけ配っている人は結構多い。レストランや居酒屋の割引券なら貰って吟味したい。ちょっと怪しい飲み屋の『~~ポッキリ』と言う怪しいチラシも一応はチェックしてみたい。

おいらの頭を見ているだろうに、スタイリスト、デレクター、トップデレクターそれぞれの料金が違う、カットショップ?要するに理容室、床屋のチラシを俺に配るな、と一瞬腹が立ったが、そんな事で腹を立ててどうする、腹が泣くぜ。先方は配るのが仕事であるから、誰彼かまわないのは仕事に熱心な証拠だ。

近くのインド料理店のオジサンはよく駅前でサービス券の付いたメニューを配っている。余りにも熱心なものだから、つい貰ってしまう。貰うとかなり浅黒い彫りの深い顔でニッコリ笑い「有り難うございまあーす」

1回しか見たことが無いが、一月程前に何でもない住宅街でティッシューを配っているオニイサンが、自分が近づいたときに突然56個のティッシューをジャグリングのように両手で投げ回した。目をパチクリして見ほれていると、今度はニッコリ笑って指の間に挟んで1個のように見せたり45個扇の様に広げたり萎めたりした。側に近寄ったら「宜しく」と言って1個呉れた。貰ってから何回も振り返ったが、その後は全くジャグリングも手品もしなかった。駅に向かう人達に黙々と配っていた。

|

« ガードマンの帽子 | トップページ | 転車台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/29357933

この記事へのトラックバック一覧です: ティッシュー手品:

« ガードマンの帽子 | トップページ | 転車台 »