« 地獄覗き(後) | トップページ | エコポイント »

2009年6月28日 (日)

アダンの実の食べ方

ずっと昔、未だ学生の頃、みんなで沖縄旅行をした。フラフラ歩いていたらアダンがあった。沢山熟した実が生っていた。「あっ、パイナップルが生っている」確かにパイナップルのようだけれど。果物だから木に生っている!?その後でパイナップルの食べ放題に行った。「果樹園じゃないんだあ」とその人とっても不満げ。良く見ればさっきとは全く様子の違う状態でパイナップルが沢山、生えている。生っている、とは言い難い。ここで誤解の主は、真実を悟りました。こういう人って、自分は割りと好きかも知れない。

当時、熟したアダンの実が食べられる事を知らなかったので、試してみなかったけれど、知っていたら必ず試したと思う。何処にもゴロゴロ生っているし。

アダンもタコノキも同じタコノキ科。葉の緑が濃くて美しい。幹の途中から、太い気根が沢山出て居るから、タコの足の様でタコノキ科に成ったのだろう。単純で解りやすい。

今度沖縄か小笠原、もしかしたら八丈島にも有るかも、に行ったらアダンの実、タコノキの実を食べてやる。今は普通食べないようだから、それ程美味しい物ではない気がする。それでも食べるときっと何かを思う。昔の人はそれなりに食べていたらしいから。

|

« 地獄覗き(後) | トップページ | エコポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アダンの実の食べ方:

« 地獄覗き(後) | トップページ | エコポイント »