« コウイカの骨 | トップページ | 地獄覗き(後) »

2009年6月22日 (月)

地獄覗き(前)

勿論、本当の地獄(!)を見たことは無い、見たくもないけれど。本当の地獄って何だって?お寺にある仏教の地獄。こちらは偽の地獄の話。温泉場の地獄谷、地獄の湯、食べ物の地獄ラーメン、ちょっと気の毒だけれど地獄焼きとかは結構好きな方かも知れない。

『地獄覗き』が有るのは

千葉県
の鋸山。標高330m。房州石の産地で江戸時代から昭和50年代まで建築資材としての石を切り出していた。素晴らしい眺望で東京湾一帯から伊豆大島まで見える。そんな中にひときわ見晴らしの良い所で直下に100m位切り立って、空中に突き出している。

数年前にそこに有る巨大石仏や羅漢などを見物した後、軽い気持ちで『地獄覗き』に接近。柵の先端までおそるおそる歩いた。自分の人生で2回目の大恐怖。もう少しでちびるところだった。景色どころではなく、震える足を両手で押さえて、やっと遊歩道に戻った。近々そのリベンジに行こうと思っている。今度はそこで記念撮影もしようと思っている。返り討ちに遭うか、雪辱なるか。

|

« コウイカの骨 | トップページ | 地獄覗き(後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄覗き(前):

« コウイカの骨 | トップページ | 地獄覗き(後) »