« 裁判員制度 | トップページ | 英語が口から(2) »

2009年7月20日 (月)

英語が口から(1)

自分は駆け出しの頃、昼働きながら、夜英語の学校へ行って、英語を勉強した。一日3時間、月曜から金曜まで週5日間、学生並みに春夏冬休みが有った。2年ほど通った。まあまあ出来るようになったけれど、使わないで居ると忘れる。単語は勿論、ちょっと難しい言い回しは、直ぐ忘れる。気の利いた文章なんかも主旨は記憶していても本文は忘れる。日本語だって使わないで居ると難しい単語は中々思い出せない位だから。

英語の勉強をしていた頃、英語に関する本か、英語で書かれた本以外は読まなかった。普通の本が読みたいと言う衝動を抑えていた。新聞も英語。電車の中で必死に読んでいたから、ちょっと目には、衒学的な嫌らしいサラリーマンに見えていたかも知れない。そうでないときは、教科書を見ながら英語の練習テープを聴いていた。テレビはバイリンガル放送の場合は英語の方を聞いていた。殆ど解らなかったけれど。

だもんだから、

聞き流すだけで英語がしゃべれる様になる見たいな、自分の好きな時間に少人数での会話クラス入れば、たちまちしゃべれるようになる見たいな、ちょっと勉強すれば口から英語がぽんぽん飛び出す見たいな、惹句を見ると、「うーん」と唸ってしまう。

|

« 裁判員制度 | トップページ | 英語が口から(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語が口から(1):

« 裁判員制度 | トップページ | 英語が口から(2) »