« エコポイント | トップページ | ブログの非公開 »

2009年7月 8日 (水)

コウモリ

最近コウモリとはとんとご無沙汰している。数年前に近くの遊歩道を薄暮に散歩すれば見られたから、今でも飛び交っているのが見えるだろう。

田舎に居た子供の頃は、夕方空に沢山飛び回っていた。何故かは知らないが、ゲタを投げると方向を失って落ちてくると信じられていた。夕方、ゲタを履いて出て、飛んできたらそれをなげつけたが、ヒラヒラと交わして、少しガッカリしたけれど、全く落ちてくる気配はなかった。何回も遣ってみたが結果は同じ。ゲタに特段の神通力は無かった。

飼ってみたいと思った。

近くに洞窟の心当たりは無いし、防空壕の残骸も知らないし、木の洞もそんなに無いし、と思いめぐらしていた。そんな時偶然近くの橋、『歌橋』と言います、良い名前でしょう、その橋の下側から飛び出した気がした。次の日、実況見分したが、橋の下に居る気配はないし、そもそもそんなところに居たら、その下でよく釣りをしたのだから気付いていたはずだ。観察したら、橋の路面の水を流す配水管が何本も出ている、何本かは詰まっていて、空中側からは開口しているのが解った。

棒を持ってその砂を掻き出していると1頭が飛び出した、子供だから不用意に作業をした結果。一旦家に帰り、釣りの網魚籠を持って帰り、それをソローリ、管の開口部に被せて、紐で結わいた。準備万端。ゆっくり砂を掻いて、突いたが、居なかった。残念。次の管。網魚籠を被せて紐で結わいて、管を棒で叩いたら、2頭が飛び出した。

急いで家に持ち帰り、ぶら下がり棒を設えた鳥かごに入れた。何だったか思い出せないが、黒っぽい布を被せて暗くした。

カトンボとかカゲロウとか沢山入れた。当時街灯の下に行けば、簡単に沢山採れた。水も入れた。その内食べるだろうと思ったが、食べない。何日かして1頭が死んだ。籠の下に落ちていた。掴んで良く見た。固くなっていた。汗臭い匂いがした。裏庭に埋めた。

もう1頭は、もう餌を食べるだろうと思ったが、食べなかった。4日目の夕方、籠から掴んで出して、夕闇迫る空へ放した。ヒラヒラと飛んでいった。それからコウモリを捕まえるのは止めて、見るだけにした。

|

« エコポイント | トップページ | ブログの非公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コウモリ:

« エコポイント | トップページ | ブログの非公開 »