« 夜の蝉 | トップページ | 駅前の蝉 »

2009年8月24日 (月)

選挙のご案内(2)

衆議院議員選挙のご案内が来た、前回の国政選挙である参議院議員選挙の時は葉書だった気がするが、その後の地方選挙当たりから封書で来るようになり今回の衆議院議員選挙も封書で来た。何か時代に逆行して要らぬ出費をしている気がする。

自分は割りと選挙に行くのが好きかも知れない。選挙が好きというのとはちょっと違う。選挙が好きなら、選挙を手伝うとかするだろうし、もしかしたら立候補したりするかも知れない、これは冗談。

自分の大した記憶じゃない記憶によると、選挙運動員は無報酬、ポスター貼りとか、葉書書きとか単純労働者は報酬を貰って良いらしい。因って運動員は利益を誘導される会社から派遣されたり、その他支持母体から送り込まれたりするんだろう。

選挙カーに乗っている人達は報酬を貰っては駄目らしいが、ウグイス嬢と運転手は良いらしい、報酬を貰って良い人達も、法律で余り高くない上限が決まっているらしい。弁当なんかも低い上限が決まっているとの事。でもまあ実際は色々あって、当選してしまえば、有耶無耶になって落選すれば厳しい官憲の追求が有るのかも。

頭の良い人が考えたんだろうけれど、そんな決まりは全部撤廃して、金も人も使いたい放題にして、有り体に極端に言えば、買収も供応も勝手次第という事、そんな国政選挙を20年ぐらいして、2代目3代目ばかりとなった議員の家産を使い果たさせ、金で議員の椅子を買う愚なる人のパターンを我々が学習し、出たい人より出したい人を押し出せるように、無償で選挙を手伝い、その手伝いが出来る社会体制を創って行く方が長い目で見れば日本の政治を浄化し国民の地味ながら健やかな人生を確実にする方じゃないか知らん。

選挙の度に、投票率を上げなければ、見たいな、真の民意は高い投票率から、見たいな話が有るけれど、与野党とも話が勝手すぎるし分かりにくい、それに候補者に魅力がない、等という議論は聞いたことがないが、そこら辺に原因が有るかも知れない。

悪乗りついでにいえば、投票率を上げたいのなら、3回連続行かなかったら選挙権永久剥奪、勿論被選挙権も剥奪、そうすれば有権者じゃ無くなるから、投票率は相対的に確実に上昇。ついでに選挙に行ったら、政府が出口で現金千円、所得税五千円減額、ついでに年金増額。そんなことをすれば病気で行きたくても行けない人の権利侵害、不平等、弱者虐めとか何とか囀る人が出るだろうけれど、そんな事は、矛盾に満ちて実行出来ないし、する気もない空手形、じゃない選挙公約を、がなりたてたり鵜呑みにしたりしている人に、言われたくない。

少し冷静に考えたら如何ですかという、ちょっとした冗談です。

蛇足:現金は出口で渡すより、候補者及びその運動員が入り口で渡す方が、より効果的かも知れない。イヤー、いろいろな人に怒られそう。

|

« 夜の蝉 | トップページ | 駅前の蝉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/31089469

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙のご案内(2):

« 夜の蝉 | トップページ | 駅前の蝉 »