« 駅前の蝉 | トップページ | 蝶の道(後) »

2009年8月30日 (日)

蝶の道(前)

ホテルのダイニングでコーヒーを飲んでいた。駐車場に現地の同僚の車が見えた。最後の一口を飲んで席を立った。小さなロビーを通って、朝からムッとする暑さの外に出て車に乗った。駐車場を出て、暫くソイ(主要道路に繫がる小路)を走る。道端にジャスミンの花輪売りが支度をしている。小さな屋台も朝食のお客を待っている。

その日は、車で日帰りの地方出張。未だ朝6時少し前、道は未だそんなに混んではいない。埃っぽい街路を抜けて高速道路に入った。都内は高速道を走る。昔に比べて便利に成った。暫くして郊外に出て高速道路はお終い。

東南アジアの熱い日射しに照らされた自宅兼店舗の通りが暫く続く、首都から遠くなってくると、道路から大きく下がって、小さな集落が点在する。道路の脇には大きな木が生えている。枝を大きく張って日陰をつくっている。良い景色だ。自分の好きな景色だ。

幹線道路から、肋骨のように横に伸びる、一見して格落ちの道路を何本も通過する。赤いラテライトの道路が遠くまで見通せる事がある。土埃を立ててオートバイが走っているのが見える。オートバイにリアカーを付けたような乗り物に数人うずくまって坐っているのが見える。車の中は強い冷房が効いているが、窓ガラスから差し込む日射しは強く熱い。幾つも町を越えて、9時過ぎに現場に着いた。

仕事をして昼になった。流れで当方2人、相手数人で昼食に行く。屋根がニッパ椰子で葺かれているレストラン、壁はない。道路とレストランの間には幅数メートルの湿地がある。レストランの駐車場にはその湿地に土管を通して土が盛ってある道路を渡って入る。木陰に車を止めて、焼け付くような駐車所を歩いてレストランに入る。出入り口の所にバナナが一本の房毎吊されている。半分ぐらいは熟れて食べられそうだ。無料で自由に食べられる。打ちっ放しのコンクリート土間に安もののテーブルや椅子が、並んでいる。テーブルの上にはビニールのクロスが掛けられている。何処にでも有る在り来りのレストラン。日陰で風が通れば、それ程暑くはない。

|

« 駅前の蝉 | トップページ | 蝶の道(後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/31161708

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶の道(前):

« 駅前の蝉 | トップページ | 蝶の道(後) »