« 見え方(3)、平和部隊 | トップページ | 見え方(5)、救急車 »

2009年10月30日 (金)

見え方(4)、サーミ

昔、サーミ(子供の頃はラップ人と呼んでいたが、最近は諸般の事情でラップ人とは言わないで、彼らの自称であるサーミと言う事になった)と一緒にトナカイを放牧しながら、北の大地を旅する日本人の体験記を読んだ事が有る。多分白夜の季節、それでも吹雪いたり、霙が降ったり厳しい天候だったと記憶する。その集団は何日かに1頭トナカイを屠りそれを食べる。血も肉も全てを利用する。有る一定の手順で屠るのだが、勿論トナカイは或る意味悶え苦しんで死ぬ。初めのうちは、その人は、残酷なことをしている気がして、気分が良くなかった。肉もやっと食べた。長く一緒に旅行して行く内に、トナカイが断末魔の痙攣をしているのを見て、又サーミが血を利用するために血を採りだしているのを見て、まあ早く言えば生唾を飲み込むように成った、と告白していた。

昔、友達が何かの用事で数ヶ月フィリピンに滞在していた。何か肉料理をご馳走になった。レバーの料理もあった。とっても美味しく頂いた。何かと訪ねたら、犬だったらしい。好きになってそれからその料理を何回も食べた。街で犬を見ると、「よだれが出た」と言っていた。フィリピンの犬は、そういえば「オドオドしていた」

彼曰くタイの犬は、何の警戒心もなく、路上でグダーとしている、なんの権利も無いけれど、義務も全くない。生きて行けるほどの餌は誰かが呉れる。日本の犬は、身の程知らずで自意識過剰、まあ飼い主の意識の反映だろうけれど。

|

« 見え方(3)、平和部隊 | トップページ | 見え方(5)、救急車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見え方(4)、サーミ:

« 見え方(3)、平和部隊 | トップページ | 見え方(5)、救急車 »