« 見え方(11)、ゴミ | トップページ | 見え方(13)、まつげ »

2009年11月29日 (日)

見え方(12)、クモ

昔ほどクモを見なくなった気がする。

子供の時に住んでいた家は、何種類かのクモが身近に居た。空中にクモの巣を張る連中と、地べたに居る連中と。朝や夕方歩いていて顔にクモの巣が絡まるのは嫌だったけれど、慣れれば手をかざして歩くか、そこら辺の小枝か葦なんかを振り回しながら歩けばよい。畦道を歩いていると、細長い葉っぱを一部折って産卵しているのをよく見かけた。みんなで1個ずつ持って、何か呪文の様な言葉を言って、両端を引くと中が見えて、その状態で勝ち負けを競う遊びが有った。その呪文の様な言葉も忘れてしまったし、何を持って勝ち負けにしたかも忘れたが、よくやっていた。それだけクモは何処にも居たのだろう。

家の土間の薄暗いところには、小豆ぐらいの胴体で足が34センチのクモが居た。そいつらを捕まえて、12本足を千切ったり、足を途中から少し千切ったりして歩かせて、そりゃ歩き方が変になります。それを囃し立てて遊んだりした。特に自分が暗かったり、残虐だったりと思ったことは無いが、よい子じゃ無かったんだろうと思う。クモは沢山居た。遊び相手でも有った。

クモが嫌いな人は多いと思う。特に若い女性は、本心からかぶりっこか知らないけれど、嫌いな人が多いと思う。近所のオジサンは、家の周りに小木があると、それにクモが居て、それらが、虫を食べるから、家の中に虫が入らなくて良いんだよ、と言っていた。

虫だからと言う、まあ言ってみれば、致し方のないことで嫌われ、まあ好かれなくても、存在を認められるのは、その虫が、別のもっと悪そうな虫を食べるからという、敵の敵は味方() ぐらいの理由だから、結構気の毒な存在かも知れない。良く見れば目だって一杯あって可愛げであるし、人間には特に害はないし、一般的に言ったら益虫の部類なんだろうけれど、そんなこととはお構いなしに、嫌われている事が多い虫です。人間にも居そうだよね、そう言う感じの人。

|

« 見え方(11)、ゴミ | トップページ | 見え方(13)、まつげ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見え方(12)、クモ:

« 見え方(11)、ゴミ | トップページ | 見え方(13)、まつげ »