« 見え方(15)、接近 | トップページ | 見え方(17)、バスの座席 »

2009年12月15日 (火)

見え方(16)、手荷物

今度、機内に持ち込める手荷物の大きさを今より厳密にするらしい。昔、国内便では搭乗口に向かうゲートの前で、検査して大きな荷物はチェックインして貰っていた気がするが、今はどうなのだろうか。

小さな女性が大きな鞄を機内に引っぱって持ってきて、自分の背が届かなくて、尚かつ重くて頭上の荷物入れに入れられなくて、誰かに頼んでいるのを何回か見たことが有る。勿論取り出すときも誰かの助力が居る。預け入れれば済むことだ。目的地に着いてから、ターンテーブルの前で待たなくて良いからご当人にとっては便利だろうけれど。

自分はそんな要領の良い事は出来ない。勿論人の情けに縋るのが嫌だと言う意味ではなく、他人の断れない親切心を当てにして、自分の都合良く事を運ぶ要領の良さは好きになれない。

今度俳句を(都々逸でも何でも)しようと決めて、その道の先生の電話番号を調べて、俳句(都々逸)は何文字ずつですか?と言うような質問をする輩が居るらしい。世も末、と言うほどの事もないが、そう言う人は散々人を苛つかせて、まともな句を一句も作らないで、次の何かに移るんだろうなあ。

|

« 見え方(15)、接近 | トップページ | 見え方(17)、バスの座席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見え方(16)、手荷物:

« 見え方(15)、接近 | トップページ | 見え方(17)、バスの座席 »