« 見え方(17)、バスの座席 | トップページ | 見え方(19)、電車のマンガ »

2009年12月21日 (月)

見え方(18)、バスの朝食

朝の通勤バスで、朝食と見えるパンやらおにぎりやらを食べている人達が、数人いる。殆ど女性。バス内が混んでいるわけではないから、2人掛けの座席の隣の人が食事中と言うことはないけれど。隣でパンを食べている人が居ると、落ち着かない気がする。

バスから降りて多分数分の所に職場が有るようなそんな感じ。ご苦労様な事だ。食後化粧をする人もいるし、寝る人もいる。皆さん器用と言えば器用。生活習慣の違いだから、良いとか悪いとかの問題ではないと思う。アルバイト掛け持ちして、寝る暇もないのかも知れない。そうだったら気の毒なことだ。そう言う人がどう言う生活パターンに有るのか、つぶさに観察したい気もするが、実際は大したこともなく、詰まらない気もする。

自分は家を出る前に朝食を食べる。10分程度早く起きるだけだし、アルバイトを掛け持ちしているわけでもないし。食べるも物に大差はないが、食べる場所には大差が有る。テレビでは遅く起きた人が、学校やら職場へ行く格好で朝の食卓に出て来て、時間がないとか言って、コーヒーを立ちながら一口二口飲んで、腕時計を見て、「もう時間が無い」とか叫んで、トーストを銜えながら、ドタバタ出掛ける。そう言う家の中を見たことはないが、そんな感じで家から飛び出し来た人を、見たこともない。

バスの中で朝食を食べている人達は、もしかしたら電車バスに間に合う時間ギリギリまで寝ていて、家を飛び出して、途中のコンビニで朝食を買って、バスの中でそれを食べて職場に向かう。自分にはとっても出来ない芸当だ。最初そう言う人達を見たときは、朝食ぐらい、家で食べて来い、化粧ぐらい家で済ましてこい、ぐらいに思っていたが、時間を有効に使うにはあれぐらいの創意と工夫が必要な気がしてくる。賢を見れば斉しからんことを思い、不賢を見れば内に自ら省みるなり、どっちなんだろうか。

|

« 見え方(17)、バスの座席 | トップページ | 見え方(19)、電車のマンガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見え方(18)、バスの朝食:

« 見え方(17)、バスの座席 | トップページ | 見え方(19)、電車のマンガ »