« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

見え方(22)、会釈

狭いところで擦れ違ったら、会釈をすれば良い。何かぶっきらぼうに歩いて来て、体も寄せないで、歩みも遅くしないで擦れ違うのは、品がない。お互い歩を緩めて、少し体を寄せて、ニッコリしなくて良いから、ちょっとだけ笑んで、会釈して擦れ違えば、気分が良いだろう。会釈して擦れ違ったって、損をする訳じゃないし、自分の価値が下がるわけでも無かろうに。

比較的狭い通路の向こうから、誰かがこちらに向かって進んできていたら、普通はその通路に入って行かないで、先方が通り過ぎてから、その通路に入って行けば良いのにと思うが、遠慮無くズンズン入って行く人が居る。23秒先の困難が予測できないのか、何にも考えていないのか、傍で見ていると目が点になる。お互いに気が強ければ、多分喧嘩になるのだろうけれど、滅多に喧嘩にならないところを見れば、単に双方とも何にも考えていないのだろうなあ、と思う。

狭い路地を歩いている人を後ろから来た紳士が追い越す時、ちょっと歩を緩め、帽子をちょっと持ち上げて、会釈して又急いで行く、と言うそんなシーンの動画がテレビに有って、「ああ、今は美風良俗は廃れてしまった」と思った。

正月は箱根駅伝を見ていた、あそこの道路は広いけれど、10人抜き、5人抜き、例え1人だけ抜いても先に行くのなら、競走だから、歩は緩めなくて良いけれど、ちょっぴりで良いから、会釈をして追い越せば良い。「お先っ」って声は掛けなくて良いから、ちょっとだけ顔を向けて、会釈して抜いていったら良い。箱根駅伝だけでよいから。

箱根駅伝参加の諸氏はどう考えるかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

高校の数学

高校の時、余り出来の良い生徒では無かったけれど、数学は不得意ではなかった。難しいとは余り思わなかったが面白いと思った記憶はない。ちょっと複雑な計算を解いたとき、ちょっと達成感が有ったけれど、今暇潰しにソリティアをやって、比較的早く終了した程度の楽しさ。

自分は結局、微分積分、無理数、複素数等という物は全部忘れて、頭の中にかけらも残っていない。難しいお勉強が回り回って自分達の生活に資する事は分かるが、そう言うのはもっと頭のいい人達に任せた方がいい気がする。

自分の様な者には、もっと身近な事を教えてくれたらよっぽど良い。例えば、住宅ローンの計算、収入に占める割合に因って生活がどう変わるかも教えてくれたらもっと良いかもしれない。公共住宅に入っていればどう言う生活設計が可能かなども教えて貰えれば助かる。生命保険の得失の計算、年金の計算、子供の学費の計算、消費者金融から借金したらどうなるか、クレジットカードで買い物をしたら、どう言う経費が発生するか。結構誰でも掛かる病気に成ったときの治療代、それに関する保険の支給など、もっと生活密着型の算数を教えた方が、充実した教育内容になるのじゃなかろうか。

少なくとも大部分の人に無意味で且つ理解できないことを無理強いして劣等感を植え付けるよりはよっぽどましだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

見え方(21)、靴底

この間、ちょっと歩き方が変な女性が自分の前を歩いていた。足が悪いとそういう感じではない。ジロジロ見ちゃ悪いが、さり気なく見たら、どうも靴底がツルツルのようだ。靴そのものは、新しそう。と言うことは初めからツルツル。何でそんな靴を買ったのか訳分からないが、もしかしたら靴底以外のデザインが気に入ったのかも知れない。でも晴れの日の歩道を歩いて滑るような靴は宜しくないのではないだろうか。それに足が入っている内側も滑るらしく、一歩進む度に踵が半分ぐらい出る。誠に歩きにくそうだけれど、ご当人は友達と談笑しながら歩いて、靴が誇らしげであるようにも思える。足の動きは同道の友人とは違って、とても忙しく動いている。

その物が持つべき本来の機能が不全で、色や外見だけが良いだけの物に出会うと、ちょっとガッカリする。作る方も作る方だし、買う方も買う方だと思う。双方とももうちょっと考えた方が良い。

霙そぼ降る中をミュールで歩く、これは運用の問題だけれど。どちらも何かに囚われて、許容の限度を超えていても、それに拘って居るのだろう。ま、自分にも有りそうだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

駅ビルの案内板

時々通勤途上の駅ビルを利用する。最上階方面(微妙でしょう)にはレストラン街が有る。頻繁に利用するわけではないが、有ると心強い。彷徨いて何を食べるか探して歩くのは楽しい。ファミレス系よりちょっと高いし、ドリンクバーが無いので、以前に比べたら利用回数は減った。

1階は名店街、時によって重宝する。現地に行っていないで、そこのインチキ土産が揃ったりする。地下一階は食品、食材系。お出かけの帰り道に、買い物をする事が有る。ちょっとおかずを買って、汁と付け合わせ一品ずつ作る材料買うときもあるし、お弁当を買って帰るときも有る。

2階からレストラン街の下までは、各種店舗が入っている。大部分が女性用服飾関係。上から下まで、外から内まで、小物、持ち物、化粧品。それも比較的若い人用が多いように感じる。最も購買力が、若しくは購買意欲が有るのかも知れない。当方にとってはそれぞれの商品の違いが分からないが、購買層の人々には、それなりの説得力が有るのだと思う。

ちょっと買いたい物が有って、案内板をじっくり見た。全階用の案内板はちょこっと売り物の記述が有ったが、各階の案内板は、何カ所かで見たけれど、殆ど理解できなかった。店名は意味が分からないカタカナ、英語の様なローマ字、何語かも分からないローマ字が大部分。何を売っているかは、見当付かず。それでちゃんと用件が足りているのだろうから、偉い物だと思う。歩いている人は大部分が若い女性。話している言葉そのものは解るが、内容が解らない。

お店を覗けば、それが鞄だったり服だったりと言うことは解るが、ナンでそんな格好しているのか解らない。日常の中の異次元、ルミ○の国のオジサン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

山栗の食べ方

小中学生の時に野生の栗を取った。近所の幼友達や、学校の友達と数人で、季節になれば、里山を巡り歩いた。10月の初めから取り始め最盛期は中下旬。初めのうちは未だ実の鬼皮が白っぽく、渋皮も膜のようで、実も少し柔らかかった。それはそれで簡単に食べられたし、熟度は低かったが、柔らかさと仄かな甘みがそれなりに魅力的。

最盛期の時は布の巾着袋を持って行った。1回に112Kg取れた。季節に数回行った。1回に大量に採れるときも有った。そんな年は、それっきり。

木に登って取った。揺すればイガごと落ちる。それを拾い集めて靴でイガを開かせて、取った。何時も持っていた肥後の守で木の枝を適当に削って、イガから栗が簡単に抜き出せるようにした棒を使った。

栗の木は何処にも有った。道端の南斜面に多かった気がする。藪や林内に深く踏み込む事は余り無かった。里山の小路をいつもの栗の木を巡ったり、ちょっと遠出で未知の小路を巡ったりして探した。

明るい空の日射しの中を雑談をしながら歩いて行った。何を話していたかは全く覚えていない。遠くに行くときは自転車に乗って。他のグループと遭遇することは殆ど無かった。里山は広かったのだろうし、適当に気配を感じて避けていたのかも知れない。

取った栗は生で食べた。秋深くまで残っていたのは、ストーブの上で焼いて食べた。未だ残って居たのは、傷を付けて、炬燵の灰の中で焼いて食べた事も有る。忘れ去られて、春を迎えたのは山に持って行って、適当に地べたに植えたこともある。

栗は買って食べる物の中には入っていなかった。

そんな少年達も年老いた。里山も荒れた。秋に散歩していると山栗を数個拾えるときが有る。一瞬に昔が蘇る。大事に窓辺に飾る。今栗は買って食べる物に成った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

アケビの食べ方

以前10年以上同じアパートに住んでいた。二所帯が上下で住んでいた。自分は1階に住んでいた。周りが家に囲まれていた。広い庭が有った。その庭に、山から掘ってきたアケビを植えた。数年で実が生るようになった。居ながらにして毎年アケビが取れた。

鳥に食われる前に、自分が取って食った。それで季節が分かって、頃合いを見ては近郊の里山に行ってアケビを取った。

何十個も食う物じゃないので、適当に良さげな物を選んでもいできた。実は適当に食って、種をそこらにばらまいた。家まで持ち帰った実は食べた後、種を庭にばらまいた。春になると新しい蔓を何十本も取って湯がいて食べた。

実を食べた皮は、薄い紫の綺麗な物ばかり。その皮にアンを詰めて油で揚げる。飯のおかずにも酒のつまみにも向く。中のキノコや挽肉、味噌の美味しさと皮のほろ苦さ、独特の食感、大人の味。年に一回しか作らない季節の物。

子供の時は、山に行って沢山取ってきた。実をたくさん食べたが、詰め物をした皮は食べなかった。あれは子供の味では無かった。

ここ何年かアケビを取ったことが無い。昨年、惚れ惚れするような良い実が十個ばかり生っているのを発見したが、場所が悪くて取れなかった、その場で見上げながら、暫くアケビに関わる幾つかの思い出に浸った。

山里の産直や道の駅でアケビの蔓の細工物が売っていることが有る。きっとその里山をほっつき歩けば、実が取れるかも知れない、あのほろ苦い大人の味。

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

初日の出

この度の年末年始は、天候が穏やかで、暖かかった。少しご馳走を食べて、少しお酒を飲んで、日中は近所を散歩して過ごした。

元日の朝には、初日の出が見られた。西の空には名残の満月が見られた。Dscn0696_2

Dscn0687_2 全国的には吹雪の所や曇の所が多かった様だ。テレビでご覧に成った方も多いと思うが、自分が住んで居る住宅の屋上から撮った、初日の出と名残の満月をここに載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年

友人、知人、未知の読者の皆様、

明けましておめでとうございます。

今年も適当に更新して、適当に記事を掲載します。

小さな共感、小さな連帯が生まれるきっかけになればと思っております。

今年も宜しくお願いします。

物部多都彦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »