« カラスガイ釣り | トップページ | 白内障遺伝子 »

2010年3月28日 (日)

カラスガイ釣り

--- 承前 ---

ある時誰かが、大きな貝には淡水の真珠が有ることが有る、と言う情報を仕入れてきた。我々は勇み立った。真珠を取りに行こう、と言うことで、その小川に入り込んで大きな貝を狙って採っては、みんなで土手に戻り、適当な石で割って、検査した。無かった。又小川に戻り大きな貝を採っては、割って検査した。1個もなかった。

誰かが川に行けば、もっと大きな貝が有る、と言うことで、用水池とは反対側に有る川に向かった。ズボンを目一杯たくしあげて小砂利の有る浅瀬を歩き、大きな貝を探し出して、川原に戻り割ってみた、何にも無し。最初の内は賑やかにやっていたが、幾つか割っている内に、みんな無口になった。無いことが分かって、無闇に生き物を殺すという罪悪感も出て来た。黒い大きな貝殻が幾つも割られ、薄い肌色の貝の身がグジャグジャに引きちぎられていた。止めよう、と言うことに決まり、止めた。

長じてから淡水真珠の出来る貝は、イケチョウガイで、カラスガイではないと言う事も分かったけれど、それが分かったのは、子供の頃、カラスガイを沢山割った事が遙か昔になって、他人ごとの様になってからであった。

当時夏は川で泳いでいた。清流で貝も沢山居た。季節になれば群で遡上する何種類もの魚が見えた。

|

« カラスガイ釣り | トップページ | 白内障遺伝子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラスガイ釣り:

« カラスガイ釣り | トップページ | 白内障遺伝子 »